成績アップ

2020年09月18日

9月病

本日は9月病についてお話し致します。
毎年9月~10月にかけてやる気がなくなったり、受験を止めたいと言い出す子が出てきます。
原因はいろいろありますが社会人の5月病に似ているところがあるので、

私はこれを九月病呼んでいます。
9月病の症状としては
・やる気が低下する ・今まで出来た問題も出来なくなる ・イライラ、八つ当たり
・塾や勉強を嫌がる ・成績やクラスが落ちる ・自信を無くす 
・こなすだけの勉強になる ・集中力が落ちる  ・愚痴や言い訳が増える 
・口癖のように「もうヤダ」「どうせ受からない」「どうせ私なんか」と言う        
などなどの症状が現れます。

<原因>
原因は色々あり
原因の一つは夏期講習です。
・夏期講習という大きな山を越えた反動(一山越えた達成感や疲れ)がでる。

・大きな山を折角越えたのにまだまだ先が長いと気付いて嫌になる子、 (大人と子供では月日の感覚が違うので子供にとって5カ月は我々の2年とも言える長い月日だったりします。
まだ長いと思っている子には「あと立った5ヶ月なんだから・・・。」とか言わないでくださいね。

・夏期講習から普段の学校に行きながらのペースに変えるのに戸惑っている。
 子どもは経験がい少ないので、少しペースを落とそうとして落とし過ぎてしまい、なかなか元に戻れない子もいますし、夏期講習のままのペースを維持しようとして疲れ切って止まってしまう子もいます。
・今年はコロナの影響もあります。

もう一つの大きな理由は塾の変化への対応です。
2学期から塾の授業スタイルが大きく変わるのですが、それに対応できないで悩むこが続出します。
・塾の日数が増える
塾の日数が1日増えれば、その時間を取られるだけでなく宿題など家での課題も増えます。そのうえ自分の勉強をする時間(遊ぶ時間も)も減るのですからその負担は倍増するのです。
ゆとりもなくしこなすだけの勉強になって行くも多いです。

・塾の授業もテストも変わる
ここからは総合問題や応用問題中心になります。新しい単元を習う場合は一斉授業でも個別でもさほど差が出ませんが、6年生の場合は新しい単元がありません(社会以外)ので授業の効率が悪くなります。

・自分に必要な勉強をやる時間が取れない
この時期は人によってやるべき勉強が違います。ですが一斉授業では最大公約数的勉強になってしまうので、塾を上手に使いながら過去問も含め自分に必要な勉強もしていかなければならないのです。
これが時間がないだけに本当に難しい。

・テストで点が取れず自信を無くす
ここからはほとんど総合問題ですから、今日やって直ぐ成果が出る訳ではありません。
スペックが上げずに真面目に勉強してきた子の中にはパンク状態になってしまう子も多いのです。

とまあ色々な理由があるわけですが、大抵は一つではなく複合して症状に表れているわけです。

重症化する子は2~3割程度に思います。
ですが何らかの症状が現れる子は軽いものを含めると7~8割程度にのぼるかと思います。それほどこの時期は大変なのです。
9月病は悪化さえ防げば問題ありませんので心配し過ぎず、しっかりと対処してあげてください。

<対処法>
 こうした時にどんな対処をするかによって子どものやる気と成績は大きく変わります。
お母さんのサポート力の見せどころとも言えると思います。
 
 その原因によって対処法は違いますが、お母さんが原因を理解しそれにあった対処法ほ考えることが重要です。

原因は様々ですが、エネルギーが減っていると悪化を招くので、エネルギーチャージしてあげるだけどよくなることも多いです。

子どもは体の疲れは直ぐに取れますし慣れるのですが、 心の疲れはきついのです。
心の疲れを取る方法も持ち合わせていません。
お母さんのサポートが必要だと私は思います。

ですが残念なことに多くのお母さんはエネルギーをチャージするのではなく奪ってしまいます。
あなたはエネルギーチャージをしていますか、それとも奪うお母さんですか。

 頑張っているのに点数が取れなかったり成績やクラスが下がると子どもはどうしていいのかわからなくなります。 霧の中に迷い込んでしまったような状況です。

今までのようにがむしゃらに走り続けることができなくなるのは当たり前のことです。 
こうした時に
「とにかく頑張るしかないでしょ。走りなさい。」
といっても霧の中では走れるものではありません。
追いつめるだけとなり九月病を悪化させてしまうケースも多いので気をつけてくださいね。

もしもあなたのお子さんが、授業の変化やテストの変化に対応できずどうしていいかわからなくなっていたら、あなたならどんな対応をしますか。

こちらのクリックよろしくお願い致します。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!

coach2020 at 19:35|PermalinkComments(0)

2020年08月28日

子どもを伸ばす良きリーダーになる最終回

子どもにやらせることを考えるのは楽ですが、それでは成績を伸ばすことは難しいです。 
成績を伸ばしたいと思うなら、
お母さんがよきリーダーになる努力をする方が伸びる確率は遥かに高いです。 
子どもは本当に声のかけ方一つ笑顔一つで大きく変わります。

 ここまで良きリーダーになるポイントをいろいろ紹介してみましたが如何でしたか。
あなたは今リーダーとして自分に何点をつけますか?
出来ている部分はどこですか?
そしてこれから伸ばして行きたい部分はどこですか?

気をつけるポイントや伸ばしていくポイントをしっかり意識し続けるだけでも、今後に大きな差がでますのでぜひ頑張ってください。

もちろんここにあげた以外にもよきリーダーになるための条件や方法は色々ありますし、お伝えしたいことも多々あるのですが、そろそろ2学期のお話しもしたいのでリーダー編は今回で最終回にしたいと思います。
 
最後にリーダーの番外編として家族の中のリーダーについてお話ししてみます。  
チームで何かを目指す場合、良きリーダーがいるかいないかでは大違いです。 
プロ野球やサッカーでも必ず監督が必要です。そしてその監督が個々のやる気と能力を引き出し、チームの方向性ややるべきことを明確にすることで大きなパワーが生まれます。
昨今ではスポーツだけでなく会社のチームでも優れたリーダーが益々重要視されています。
威張っているだけ、指示命令を出すだけではリーダーは務まらない時代になっています。 

家庭というチームでも優れたリーダーがいるかいないかでは大きな差がでます。
あなたの家でのリーダーは誰ですか。 お父さん ? お母さん?  子ども?  
お父さんがリーダーシップを発揮している家庭は安定してい場合が多いです。
それはお母さんが優れているからこそであり、正に内助の功とも言えます。 


お母さんが上手に家庭をまとめて(お父さんを排除することなく)いる家も上手くいく場合は多いです。最近は子どもが一番偉いという家庭も増えていますがこの場合は家族の安定も子どもの成長も難しいようです。    
 子育ては父親がリーダー、買い物やガーデニングはお母さんがリーダー、レジャーは子どもがリーダーなど分担しそれぞれがリーダーの役目を担っている家庭もあります。 

これは皆がそれぞれ責任を持ち、また皆がリーダーの大変さを理解することで協力する体制もできるのでとても良い方法です。  
問題なのはリーダー不在で家族というチームがばらばらになってしまっている場合です。
 

 最近の家庭では、お母さんがお父さんをリーダーとして認めなくなってしまうケースも少なくありません。 それはそれで良いのですが、 問題は「じゃあどうするか。」です。
お父さんに期待できないのであれば、お母さんがリーダーとなるのも良い方法だと思います。
ですが、お父さんの悪口を言ったり除け者にしただけではチームは崩壊です。
家族は掛け替えのないチームです。
チームのメンバーを気に入らないから、忙しいからといって除け者にするようではリーダー失格です。

そのうえリーダーの座から追いやっておきながら、
「お父さんがちゃんとしてくれないからじゃない。」 なんて言っていたのではお話しになりません。 お母さんが嫌われるリーダーであってもチームは崩壊します。
あなたの家族はよいチームとなっていますか?


もし現在リーダー不在でまとまりがなくなっていると感じるのであれば、父さんをよきリーダーになれるように内助の功で立ててあげるのもよいでしょうし、家族のため子どものため自分のために、あなたがリーダーとしての自覚を持つのも良いことだと思います。  

 昔は存在感のある人、声が大きい人、怒れる人などがリーダとなっていた感がありますが今は違います。女性も優秀なリーダーになれる時代です。
あなたの長所を生かしたリーダーを目指してみては如何でしょうか。
子どもの受験にも多いに役立つと思います。  

あなたの一票が私のモチベーションとなっています。
クリック協力よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ! 

coach2020 at 01:03|PermalinkComments(0)

2020年08月25日

無料Zoomセミナー開催のお知らせ

いつも私のブログを読んでくださりありがとうございます。
ブログは役に立っていますか。
私は文章力に自信がないので、伝えたいことはいっぱいあるのですが上手に伝えられないことがとてももどかしいです。
例年はセミナーで直接お伝えしていたのですが、今年はコロナの影響で集まってのセミナーも開催出来ないし・・・。

そこで今回、ブログ読者に向けにZoomにて、
無料セミナーを開催することに致しました。
2時間のセミナーですが、ブログ2ヶ月分以上の内容は提供できると思っています。


<今回のセミナー内容>
残り5ヶ月まだまだ成績も合格率も上げることが可能です。
ですがこの5ヶ月ほとんど伸びないで受験日を迎える子が4割以上いるのが現実です。
それほど残り5ヶ月は重要であると同時に、伸ばすには適切なサポートが必要なのです。

9月~10月の過ごし方は合否に直結します。
今上手くいっている家庭、第一志望合格が見えて来ている方は良いですが、 そうでない場合は塾任せで現状が好転することはまずありません。
 

あなたは9月10月伸び悩む子が多い原因を知っていますか?
そして対処法を持っていますか?


今回のセミナーでは私が中学受験30年の経験と千人以上の親子と関わってきた経験から
残り5ヵ月間で如何に成績と合格率を上げるかをテーマに、

・ 残り5ヶ月で成績と合格率を伸ばす勉強法&関わり方
・塾を上手に利用しながら、自分に必要な勉強も計画的に進めていく方法
多くの子が陥る9月病の正体と対応策を準備する
・中学受験を成功に導く秘訣
・中学受験をする上で親としてこれだけは知っておいて欲しいこと 
・コロナ禍での受験の心構え

について解説します。

1. 残り5ヶ月で成績と合格率を伸ばす勉強法&関わり方
 残り5ヵ月成績が飛躍的に上がる子もいる半面、多くの子が頑張っているのにも関わらずほとんど実力が上がらないまま無駄に5ヶ月間を過ごしてしまいます。その違いはどこにあるのでしょうか。
このコーナーではその違いを説明するとともにお子さんを伸ばす方法を深めます。
お母さんがその違いを知っているか知らないかでは今後の伸びに大きな違いが出ます。

2. 塾を上手に利用しながら、自分に必要な勉強も計画的に進めていく方法 
 9月からは新しい単元を習うことはほとんどありません。そのため塾では自分に必要な勉強をピンポイントにやってくれるわけではなく、どうしても最大公約数的な勉強になります。
このコーナーでは塾での勉強を有意義なものにする方法、そして足りない勉強を如何に家庭で補っていく方法を解説します。

3. 多くの子が陥る9月病の正体と対応策を準備する
 9月の中頃から10月にかけてやる気が低下いる生徒、成績が伸び悩む生徒が毎年多くでます。
これを私は9月病と呼んでいます。
その理由は色々ありますが、
お母さんが適切な対応をすることで病気を予防したり回復を早めることが出来ます。
このコーナーでは9月病の正しい知識と予防策を紹介します。
 深刻な9月病にかかるのは2~3割りくらいですが、軽い9月病に掛かる子は7割強にのぼると思われます。ですので母さんが
「かかるのは仕方ないこと。悪化させないようにサポートしてあげよう。」
という意識があれば良いかと思います。
 9月病を悪化させてしまうご家庭の多くは、お母さんも子ども自身も何故やる気がおきないのか、何故思うように成績が上がらないのかが解らず、不安になったり間違った治療(対処)をしてしまうことで悪化します。9月病の正しい知識があれば悪化させずに乗り切れると思います。

4. 中学受験を成功に導く秘訣
 残り5ヶ月成績が伸びるかはお母さん次第といつても過言ではありません。
お母さんが適切なガイドができれば成績も伸び悔いのない受験ができます。
お母さんがこれからの道(ポイントや注意点)を知らないのではガイドのしようもありません。
受験成功に導くには、お母さんがこれからの道をしっかり理解し、事前に我が子に合ったプランを準備することです。
このコーナーでは9~10月の道(ポイントや注意点)をお伝えすると共に我が子に合ったガイド法を考えて頂きます。

5. 中学受験をする上で親としてこれだけは知っておいて欲しいこと 
 悔いのない受験をするために、お母さんが知っておくべき事柄がいつくもあります。
このコーナーではこの時期お母さんに知っておいて欲しい事柄もまとめてお伝えいたします。
知っているか知らないかで今後のサポートが大きく変わってくると思います。

6. コロナ禍での受験の心構え 
 今年はコロナ禍での特殊な受験となり、例年以上にお母さんの対応力が問われる年となることが予想されます。
このコーナーではコロナ禍での心構えについてお話ししていこうと思っています。

今回のセミナーの内容はぜひともお母さんに知っておいて欲しい内容なので。少しでも多くの方に聞いて頂きたいと願い、無料で開催することに致しました。
Zoomでのセミナーですので参加もしやすいと思います。ぜひご参加ください。

6年生はもちろんですが早めに聞いておく方がお得な内容ですので4~5年生のお母さんも初めての方も気軽にお申込みください。


<日程>
どちらもZoomでの開催となります。
内容は一緒ですので都合がよい日時でご参加ください。

9月3日(木) 9時45分~11時50分 

9月4日(金) 9時45分~11時50分
料金・・・今回のみ特別に無料と致しましたのでお気軽にご参加ください。


お申込みは こちらのフォーム よりお願い致します。
お申込み頂いた方には、Zoomのログインアドレスを返信したします。
Zoomに慣れていない方でも大丈夫ですので気軽にお申込みください。

あなたの一票が私のモチベーションとなっています。
クリック協力よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ! 



coach2020 at 13:07|PermalinkComments(0)

2020年08月05日

中学受験を成功に導いたお母さんの共通点(必勝アイテム)2

前回につづき 受験サポートに役立つ必勝アイテムを紹介致します。
あなたはいくつ備わっていますか。

必勝アイテム3 受験の落し穴の位置を頭に入れておく 落し穴に落ちないよう視野を広く保つ 
 私は仕事柄、俗にいう中学受験の弊害
勉強嫌い・自信喪失・劣等感・信頼関係の崩壊、などなど、
に苦しむ家庭をたくさん見てきました。
膨大な時間とお金をかけた結果、弊害を招くのでは目も当てられません。

ですがこうした弊害はお母さんが少し気を付けるだけど9割以上は防げると思っています。
なぜならこうした悪循環や弊害に陥るご家庭のパターンは毎年共通しているからです。

これを私は受験の落し穴と呼んでいます。

 中学受験では沢山の落し穴が存在します。落し穴の位置を事前に頭に入れておくことと視野が狭くならないよう意識することで落し穴に堕ちる確率を激減させることができます。  

必勝アイテム4 強みに目を向ける、伸ばす、活かす  
 お母さんは子どもの出来ないところや至らないところに目が行くものです。
ですがこうした弱点に目が行き過ぎると成績が伸びないばかりか落し穴に堕ちる確率も増えます。
普通にしているとどうしても弱点に目が言ってしまうので、意識して子どもの強みに目を向けてください。 
あなたは強みに目を向けていますか?  伸ばしていますか?  活かしていますか?

必勝アイテム5 褒める達人になる。承認を伝える達人になる 
 人(特に子ども)は褒められることによって伸びるケースが多いです。
褒め上手なお母さんを持った子は幸せです。
子どもの喜ぶ褒め方を知っていればそれだけやる気を引き出すチャンスも増えます。
偉いね~。頑張ったね~。よかったね~。
だけでは子どもの心に届かないので、
ぜひ褒め言葉の引き出しを増やし、子どもの喜ぶ褒め方を理解してください。
喜ぶ褒め方は子どもの性格によって違いますので、自分が言われた嬉しい言葉ではなく子どもが喜ぶ褒め方で褒めてくださいね。

あなたは褒める達人になる努力をしていますか。 
お子さんの喜ぶ褒め方や承認をしていますか。

必勝アイテム6  コーチングの手法を活かす      
 目標達成を効率的にサポートするコーチの役割と、中学受験という目標を持ったお子さんをサポートするお母さんの役わりは共通するところが沢山あります。 
ですからコーチングは中学受験サポートにとても役立ちます。
今後もこのブログで中学受験に役立つコーチング的な有効な関わり方もたくさん紹介していこうと思います。
コーチングも必勝アイテムも使ってナンボですので、
タイミングよく使えるようになってくださいね。

次回も必勝アイテムを紹介いたします。 次回も読みたいと思った時は
こちらのクリックもよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!
 

coach2020 at 11:58|PermalinkComments(0)

2020年08月04日

中学受験を成功に導いたお母さんの共通点(必勝アイテム)

8月を迎えましたが、お子さんそしてお母さんの調子は如何ですか。
お子さんのやる気や消化率は落ちていませんか?
お母さんは良いサポートが出来ていますか?
 夏期講習は小学生にとってかなりハードなものなので、それを有意義なものにするにはお母さんのサポートが欠かせません。
もちろん子どもが強い意志を持っていてお母さんのでる幕がないという子もいますが、それは極まれなケースです。 
ほとんどの子はモチベーションもエネルギーも切れる時期があるし、日々の勉強に追われただこなすだけの勉強(定着率が低くなる)になってしまう子もいます。

小学生の場合は大人以上に気持ちの持ち方により効率は全然違ってくるので、夏期講習も有意義にするためには勉強面のサポート以上に精神面のサポートが鍵になると思います。

そこで今回からは、中学受験を上手にサポートするための必勝アイテムを紹介していこうと思います。
必勝アイテムとはロールプレインゲームによくでてくるもので、途中でそれをゲットしておくと後でとても役に立つアイテムのことです。
私は受験にも必勝アイテムがあり、それを備えながら進むことが受験成功のカギになると思っています。 
必勝アイテムと言っても特別なものではなく、私が今までの経験で関わってきた上手にサポートしているお母さんたちが持っていた共通のもの。と理解して頂ければ良いかなと思います。
今までにも色々紹介してきましたが今回は思いだして頂く意味も込めてまとめて紹介してみようと思います。
必勝アイテム1 受験の特殊性を理解する  
 中学受験は特殊です。 
勉強時間や塾の姿勢も高校大学受験とは違ったものがありますし式の書き方も特殊です。 
また受験生が小学生というところから生まれる特殊性も多々あるように思います。
大学受験では必死な姿の学生が伸びる場合も多いですが、中学受験では必死な姿の子よりも笑顔が多く楽しみながら頑張っている子の方が伸びます。
また心の安定が成績に直結するのも中学受験の特徴に思います。
お母さんは中学受験の特殊性、そして小学生のならではの特殊性を理解していますか。

必勝アイテム2 信頼関係が土台  
 これは既に何度も話してきたことですが、中学受験ではお母さんとの信頼関係が土台になります。 お母さんに信頼されている子の方が伸びるし、そうでない子は後半になって伸び悩むのも中学受験の不思議なところです。
あなたはお子さんを信頼していますか?
お子さんはお母さんに信頼されていると感じていますか? 
お子さんはお母さんを理解者で味方だと思っていますか?
本音を話せる存在ですか?

敵対してしまうと出来るサポートは極々限られていまうし、叱ってやらせるという安易な手に走り過ぎると後が続かなくなるので気をつけてくださいね。
信頼関係と本音が言える関係を保つためには、
・子どもの話しをちゃんと聞く
・子どもの価値観や大切なものを否定しない。
・決めつけない。
・先に信頼する。
・自分のやり方を押し付けない
・お母さんがブレない。
・お母さんがイライラしたり不安を表に出さない。
・怒鳴ってやらせない。 などなど
お母さんは意識し気を長けていますか。


次回は必勝アイテム3~ をお届けいます。
こちらのクリックもよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!
 

coach2020 at 13:14|PermalinkComments(0)

2020年07月27日

中学受験ガイド、動画集1

いつもブログを読んでくださりありがとうございます。
今年のブログは如何ですか。
今年は未だにセミナーが開催できないので、直接お母さんをサポート出来ないのが心苦しいですが、
このブログを通して少しでもお母さんの支えになれば幸いです。
本日は『中学受験なを成功に導く秘訣・基本編』の動画を載せてみます。
きっと沢山の発見があると思いますで、ぜひご覧ください。
感想なども頂けたらとても嬉しいです。
メールアドレスは 
th@coach-pro.com
色々な相談にも乗っていますので、興味のある方はお気軽にメールください。

こちらのクリックもよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!
  

『お母さんのための中学受験必勝ガイド・基礎編』
その1『初めに、悔いのない受験をするために』


その2『お母さんはガイド役も担う、良きガイドになっていますか』


その3『知識 VS スペック』


その4『知識 VS スペック』





coach2020 at 16:41|PermalinkComments(0)

2020年05月28日

成績と勉強効率を上げる心のサポート2

今回も心のサポートのお話です。

心のサポート5自主性
 中学受験では自主性をもって勉強している子と受け身の勉強をしている子では驚くほど実力に開きが出ます。(週テストや月例テストではそれほど差がでないのが怖いところですが…)
歴史に興味のある人はどんどん歴史の知識が増えていきます。
同じ歴史の番組を見たとしても興味のある人と無い人では後に頭に残る量は大きく違います。
嫌々見ていた人はほとんど覚えていないものです。
子どもは大人以上にその差が激しいのです。
サッカーやゲームに興味がある場合も同じことが言えますし、もちろん勉強も同様です。

ただ覚える勉強や、嫌々やっている子は10個教えても一週間後に頭に残るのはせいぜい1つか2つです。ですが興味を持って聞いている子は10個教えただけで、そこから自分で思考を広げるので20も30にもなります。

明日の宿題や明日のテストのために勉強を無理矢理やらせるのであればさほど差は出ない(ここも怖いところ)のですが、受験勉強のような長距離レースではその差は歴然です。
ここでいう自主性とは自分の頭を使って勉強していると捉えて頂ければよいかと思います。

勉強も塾も嫌いではない子でも受け身の勉強が身についてしまっている子は結構多いものです。
まじめな子、難しい問題を解くよりも簡単な問題を何度も解く勉強の方が好きな子は受け身になりやすいので、上手にサポートして上げる必要があります。


なんでこうやると解けるの? なんでこうなるの?
みたいに教えてもらったことに対しても鵜呑みにするのではなく、常に疑問を持つようなら安心です。 逆に 円の面積や、等差数列の和や面積図など何でもよいのですが。
「どうしてこの公式で解けるの?」 と聞いたときに、 「だってそう習ったもん。」 というようでしたら要注意です。

心のサポートの一つは如何に自主性を持たせてあげるかということです。
早いうちに自主性が身につけば受験は勝ったも同然ですし楽にもなります。
 

心のサポート6. 目的意識をもって取り組むサポート
どんな目的意識で取り組んでいるか 同じ問題を解くのでも目的は様々です。
絶対に出来るようにするぞ。 絶対自分で解いてみせる。 誰よりも早く解くぞ。 
などの目的意識を持って取り組んでいる子は確実に伸びます。
それに対して、 宿題だからやっていかなきゃ。 やらないと怒られるから仕方ない。
みたいに "こなすこと" が目的になっている子あまり伸びません。

あなたのお子さんは 自主性を持って勉強していますか?
よい目的意識を持って勉強していますか? 


ぜひお母さんの力で心をサポートしてあげてください。

クリック協力よろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!


coach2020 at 18:57|PermalinkComments(0)

2020年05月25日

成績を上げる心のサポート1

前回心のサポートがポイントであるお話をしましたが、何をすればよいか余計わからなくなったお母さんも多いかと思います。
そこで今回は『心のサポート』をもう少し具体的に書いてみたいと思います。

心のサポート 1.自信 
 小学生の場合自信があるかどうかで成績もテストの点数も大きく変わります。
スピードでも定着率でも応用力でも、それに自信を持っている子はどんどん勝手に伸びて行きます。 別の言い方にすると 

自信があり、できて当たり前だと思っている子はできる子は出来るのです。 

つまり一回やった問題なんか出来て当たり前。 難しい問題も僕なら出来るはず。
みたいに感じている子は勝手に伸びて行くのです。
ですから逆に、 「君は定着率が低いから頑張って定着率を上げなきゃね。」
「難しい問題も諦めないで考えなさい。」
などの声掛けは、
「自分は出来ない→だから頑張らなきゃ。」 みたいに感じてしまい、
自信が持てない、算数が苦手、遅い、自分は頭かが悪い子というイメージにつながってしまう場合が多いので気を付けてくださいね。
こうしたことからもお母さんの些細な声のかけ方がとても重要だということがおわかり頂けると思います。

心のサホート2  好き VS 嫌い(嫌々)
 小学生の場合は好き嫌いで頭の使われ方が大人以上に大きく違うものです。 好きなこと楽しんでやっているときには驚くほどの能力を発揮します。
好きに越したことはありませんが嫌いなものを好きにさせるのは難しいです。
ですが嫌いにならないようにしてあげることはできます。

 子どもはもともとも学ぶことが好きなのです。
ですが学年が上がるごとに嫌いになっていく子どもが多いのは「大人が嫌いにさせている。」と言っても過言ではなないと思います。 

心のサホート3 笑顔 VS 必死な形相
 必死な姿や表情=頑張っている姿、良い状態 と思っているお母さんも多いですが、小学生の場合笑顔が消えたら要注意です。 実際トップ校に合格する子はみんな最後まで笑顔で元気に頑張っている子が多いものです。
不安で日々必死に頑張る子もいますが、こうしたパターンにはまると脳の活動が鈍くなる中学受験には向かない状態になってしまうこうと多いのです。 
格闘技や瞬発力が要求されるスポーツでは笑顔ではなく火事場の馬鹿力のようなアドレナリンがバンバン出ているような状態の方がいい場合もありますが、中学受験には向かないようです。
ぜひ笑顔で頑張る受験を応援してあげてくださいね。
笑顔で頑張る受験にするにはお母さんが笑顔でいることが最大のポイントです。


心のサホート4 成功体験や良い思いをした経験の量
  難しい問題を解くのが好きな子つまり応用力のある子は、過去にそれを解いたことでヒーローになったり褒められたりと良い思いをした経験があるものです。
そしてその経験がまた解きたいという意欲につながり考える頭(脳力)が養われて行きます。 
良い思いをした経験がない子に無理矢理考えなさいといっても苦痛でしかないし、嫌いになっていくだけなのです。

中学受験で成績を伸ばせるかは心の問題が大部なのです。 
ですからもしもお母さんがお子さんの勉強効率を上げたいと望むのであれば、 勉強方法やノートの書き方をアドバイスしたり、わかりやすく教えようとするよりも、
心をサポートして上げる方が効果的でということは是非知っておいてください。  

そしてこうした心のサポートは塾では教えてくれませんので一番お子さんと一緒に過ごす時間が多いお母さんの力に掛っているところが大きいのです。

クリック協力よろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!


coach2020 at 01:48|PermalinkComments(0)