2月3月の過ごし方12月~3月の過ごし方3

2021年02月16日

2月~3月の過ごし方2

 前回は成功体験にするのが親の義務というお話しをしましたが、
そのためには中学受験の長い期間を掛けて「成功体験にする意識を持って過ごすのが大切です。

結果が出てから無理矢理成功体験ししようとしても、以前話していたことと矛盾していたり、慰めにしか聞こえなかったりと上手く行かないことも多いです。

 折角成功体験に成り掛けていても、
友達の言葉で打ち崩されることもあります。

「なんだあんなに塾行ってたのにあの学校しか受からなかったの?」「あの学校なら塾行かなくたって受かった奴いっぱいいるぜ。」
と受験していない子から言われ傷ついたり、

「私駄目だったんだもう死にたい。」と言っている子が自分より高い学校だったり、
第一希望の学校に受かったのに、入ってみると多くの子が滑り止めだったり・・・。

友達と一緒に行こうと約束していたのに、片方が合格して片方が落ちてしまっていて素直に喜べなかったリ、
一緒に行くと思っていたのに、よく聞いてみたらもっと上の学校に受かったのでそっちに行くという事実を知ったり・・・。

子ども同士の会話でがっかりする例は多いです。
でもこうした会話の中で育っていくと思うし、許し合えるのが子どもの素晴らしい長所でもあります。
こうした会話でショックを受けたときにどんな対応するかは腕の見せ所です。
是非上手に対応してあげてくださいね。

こうした成功体験を踏みにじる言葉は、
お父さんや塾の先生や学校の先生から掛けられることもあります。
是非クッションになってあげてください。


次回は子どもへの対応についてお話し致します。

クリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!


coach2020 at 09:45│Comments(0)中学受験ガイド 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2月3月の過ごし方12月~3月の過ごし方3