残り4ヶ月間で劇的に伸びる日、伸び悩む子応用問題の取組み方

2020年10月02日

応用問題の取組み方

9月からの塾は総合問題、応用問題が中心なっていきます。
応用問題中心の授業になっていくことこそが、伸びない子4ヶ月を捨てる子が多くなる原因でもあります。

応用力のある子たちは難しい問題をやることでどんどん応用力が伸びていきます。
ですが現在応用力がない子に応用問題をいくらやらせても応用力は上がりません。
塾の先生方は自分が前者だった人ばかりなので、応用問題をいっぱいやることで応用力がつき問題も解けるようにになると思い込んでいるのです。

応用力を伸ばせる先生やお母さんが少ない理由は、
「応用力とは何か」を誤解しているからだと私は感じています。


応用力とは
今までに自分で考えた量、試した量
なのです。


なので応用問題を綺麗に教えてもらっても、また何度もやり直して出来るようにしても応用力は付かないのです。
応用問題への取り組み方を文章で話すのは難しいので動画(You Tube)を用意いたしました。

応用力を高める YouTube 

次回は応用問題の取組み方の動画を紹介します。
クリック協力よろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ! 

<残り4ヶ月で合格率を上げるセミナー>
本当にここからはお母さんの関わり方次第です。
過去問の有効利用の仕方、
ミスを減らし実力通りの点を取るとる方法
悔いのない志望校選び、
を知りたい方は是非ご参加ください。

詳しい内容とお申込み方法は こちら でご確認ください。


coach2020 at 01:57│Comments(0)中学受験ガイド 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
残り4ヶ月間で劇的に伸びる日、伸び悩む子応用問題の取組み方