2016年09月20日

模試の点数が悪くてビックリ

9月からは模試も多くなります。
ですがなかなか思うような点数が取れず落ちこんでいるお子さんそしてお母さんも多いことと思います。

特に子どもが頑張って勉強していたのに模試の結果が悪くときは、ショックも大きくなります。

中学受験をサポートする場合模試の後の声かけはとても重要です。
頑張った甲斐があり結果がよかったとき
あまり努力していない様子だったのに結果がよかったとき
今回のように頑張ったけど結果に繋がらなかったとき
明らかに手を抜いて悪かったとき
こんなときにどう声を掛けて上げるかで子どものモチベーションがグッと上がっあり下がったりします。お母さんの腕の見せ所と言ってもよいでしょう。

頑張ったけど結果に繋がらなかったときは

まず大切なのはお母さんが落ち込まないこと。
落ち込んだとしてもその素振りを子どもに見せないこと。

 二人して落ち込むのは避けましょう。頑張った結果であるなら、
「何なのこの点数は・・・。」
「だから言ったじゃない・・・。」
などと追い討ちを掛けるのも効果がありません。
「たかが模試なんだから気にすることないわよ。」
「もっと下の人も沢山いるんだから・・・。」
みたいな慰めも本人がそう思っていないのだから意味がありません。
逆に「お母さんは理解してくれていない。」
と思われてしまいます。
 
 ではどうするか、頑張った結果であるなら、
落ち込んでいるときは、自分の気持ちを優先せず相手のしてほしいことをしてあげるのがよいと思います。
放っておいてほしい。
やさしく側にいてほしい。
ただ話を聞いてほしい。
駄目だった原因を一緒に探したい。

などなど人によって様々だと思いますが是非相手の気持ちを優先させてあげて下さい。
元気のないとき自分の気持ちを理解してくれやさしく接してくれる人がいると思えるだけでもとても楽になれます。 

そして元気になってから
・成功イメージが沸くような声掛
・モチベーションをアップさせることを意識した声かけ
をしてあげて下さい。
次回はその一例を紹介します。

<ランキングへの協力の願い>
こちらのクリックよろしくお願い致します。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!


コメントする

名前
URL
 
  絵文字