家庭教師の有効な時期コロナ禍の夏期講習

2020年07月11日

定着率を上げる(動画)

久しぶりに動画をアップしました。
今回は『定着率』と『伸びる子と伸び悩む子の違い』のお話になっています。

 一度やった問題が1ヶ月後にどのくらいできるかを私は定着率と呼んでいます。 
受験勉強において定着率はとても重要で一番のポイントでもあります。 低い子は勝負になりません。 例え週に30時間勉強したとしても1ヶ月後にその内容の10%しか頭に残っていない(出来ない)のであれば実力か伸びないのは明らかです。
定着率は出来る子と出来ない子では驚くほどの差があります。

高い子は、・・「一回やった問題なんだから出来るに決まっているじゃん。』と言いますし、実際100% に近いです。
低い子は・・「え~1ヶ月も前にやったことなんか覚えてないよ…。」 という感じで定着率に意識がない子が多いのです。

では高い子と低い子では何が違うのでしょう。
文章で説明するのは大変なので今回は動画を準備しました。
是非ご覧ください。

でもその前にぜひこちらのクリック宜しくお願いします。
 →にほんブログ村 受験ブログ こちらも宜しく。人気ブログランキングへ!











coach2020 at 18:30│Comments(0)中学受験ガイド 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
家庭教師の有効な時期コロナ禍の夏期講習