家庭教師を上手に利用する定着率を上げる(動画)

2020年07月08日

家庭教師の有効な時期

ず~と家庭教師をつけるのは経済的にも負担が大きいし、
子どもも家庭教師に頼ってしまい一人で勉強出来ない子になってしまうのではないかと言う不安に思う方も多いと思います。
 家庭教師をつける有効な時期についてお話ししていこうと思います。
家庭教師はお金も探すのも手間が掛かるので付けるのを躊躇する家庭も多いと思います。
私もすっとつけるのは躊躇してしまうと思います。
そこで私が親だったらどうするかを考えてみました。

その1 もしも私が親だったら先ずは早いうち(5年の初め頃)に3ヶ月くらい付けると思います。
 受験勉強を始めた直後や5年生の間 早い段階で自分に合った勉強方法と塾の利用の仕方を身に付けることが受験に勝つ秘訣です。 
5年生になって本格的に受験勉強が始まるころ、まだ上手く行っているうちに一度付けるのが効果的に思います。
こうした時期に家庭教師を2~3ヶ月間つけて上記のこととペースを身に付けるのが一番効率的だと感じています。
この場合家庭教師に頼りすぎないようにするために2~3ヶ月限定で・・・。
とすることを私は推薦します。

 家庭教師の先生にも 「2ヶ月間で勉強のやり方と習慣を身に付けさせて、その後は一人で勉強出来るようにお願いします。」 とお願いします。
やってみてとても相性がよければ続けるというのは有だと思います。

その2 受験の直前(12~1月)
 塾では夏休みまでに受験の範囲を全部終了しているのが普通です。
つまり9月以降は復習や応用問題、過去問が中心なになります。 塾での勉強だけではどうしても効率が落ちる(自分に必要な勉強だけやってくれるわけではない)ので個人指導を併用した方が効果的だと感じます。  
 家での勉強でも解からないところを聞ける人がいるのといないのでは時間の効率が格段に違います。 出来る子でしたら聞く場所を自分で貯めておいて後からまとめて聞くということも可能です。

そして志望校に合った対策をしっかりと練り、効率的な勉強をするためにもプロの家庭教師を付けることはとても有効に感じます。

子どもが精神的に安定している場合や成績も順調なら面倒見の良い学生の先生を雇うかもしれません。 料金の高くない個人指導の塾でも良いと思います。
心が不安定な場合や、あまり上手く行っていない場合はやっぱりプロの心のケアーにも長けた先生にお願いします。 6年の後半で上手く行っていない場合は、放っておいても伸びませんし、伸ばすにかなりの技術が必要に思います。

その3 塾についていけなくなりかけているとき。
 塾での授業が解らないまま通っているとその時間のほとんどをボーとして時間が過ぎるのを待つしかなくなります。
そういう時間が長く続くと、子どもは頭を使わない子になったり勉強嫌いになったりととても危険な状態です。 
こうした状態で放っておくのはとても怖いので私だったら早めに手を打ちます。
1~2ヶ月限定で家庭教師を付けて追いつかせてしまった方がよいと私は思います。
 
家庭教師を付けなければいけない、とは全然思っていませんが、
家庭教師を上手く利用することは効果的な方法だと思います。


クリック協力よろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!


coach2020 at 00:59│Comments(0)家庭教師の使い方 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
家庭教師を上手に利用する定着率を上げる(動画)