2016年05月26日

叱ってはいけないのですか?

本日もお母さんから寄せられた質問に私なりにお答して行こうと思います。
但し絶対の答えではないので鵜呑みにはしないでくださいね。
本日の質問。
「うちの子は叱らないとやらないタイプなので何時も叱ってやらせています。叱ってはいけないのでしょうか。」
という質問を頂いたので私なりにお答えしてみようと思います。

コーチングセミナーをしていても、よく
「叱ってはいけないのですか。」
と聞かれます。そんなときは

「悪いことをしたときは怖いくらいに叱るのはOK
ですが何かをやらせるために叱るのはなるべく避ける
ことをお勧めします。」

と私は答えています。子育てにおいて叱ることはとても重要なことだと私は思います。
 最近は子どもが悪いことをしたときも叱れないお母さんお父さんが増えているそうです。確かにレストランとかでも子どもが大騒ぎしていても(人に迷惑をかけていても)注意もしない親は増えたように思います。
子どもは善悪の区別がまだはっきりしていないのでこの時期にちゃんと教えてあげることは子どもの成長においてとても重要に思います。
本日はは悪いことをしたときの叱り方についていくつかポイントをお話してみようと思います。

ポイント1 何かをやらせるために叱るのは極力避ける
悪いことをしたときに感情をこめて怖いくらい叱るのは効果的ですが、
何かをやらせるために叱るのは極力避けることをお勧めします。 
「勉強しなさい。」
「早く片付けなさい。」
と怒鳴られてやらされれば大抵は嫌いになります。
子どもを勉強嫌いにする一番の原因はここにあるようです。
そのうえ
「ゲームばっかりやっているんじゃありません、さっさっと勉強しなさい。」
などと言えば信頼関係も崩壊していきます。
何故なら子どもはゲームをするということは悪いことだとは思っていないからです。
悪いことをしていないのに叱られると、段々と不信感が出てきます。
しかも悪いことをしたときと同じ口調で叱るものですから、今度は悪いことをしたときに叱っても効果がなくなります。 学年が上がっていくと、
「うるせい。ババア」
何て思うようになったりします。
お母さんからしてみれば
「ゲームが悪いと言っているのではなく、長くやり続けていること、勉強をしないことを悪いといっているの。」
ということなのでしょうが子どもはそんな気持ちまでは察してくりれません。
子どもは叱られればやります。確かに即効性はあるかもしれませんがこうした楽な方法を使っていると後で付けが回ってくるので気をつけて下さいね。
 私は塾講師と家庭教師という立場でたくさんの子どもとお母さんに接してきましたが、

日ごろから叱ってやらせている子は成績も伸びないばかりか、叱られることになれてしまうので6年生になったころには毎日が喧嘩状態になる家庭も少なくありません。
「この子は叱らないと何もやらないんだから・・・」
と言うお母さんもいますが、それはあなたが叱らないと何もやらない子に育てただけです。
子どもは叱らなくてもちゃんとやるし、やらせる方法もいくらでもあるものです。

叱ることはその時点で子どものせいに出来てしまいとても楽なので叱る側もすぐに叱る癖がつくので気を付けてくださいね。
確かに叱ることは即効性もありますしお母さんとしてはとても楽な方法ですが、だからこそできるだけ使わない意識を持っておくことが大事に思います。

ポイント2 人ではなく行為を叱る
例えば子どもが人に迷惑をかけたとき、
「何であなたはそんなことするの、本当に困った子ね。」
みたいに子ども自身を叱るのではなく、
「それはとても迷惑になるから止めなさい。」
と、これは悪いことなんだとわかるように行為について叱るのが基本です。
これは有名なので皆さんもご存知のことと思います。

ポイント3 叱るときはなるべく短く、複数合わせて叱るのはNG
子どもが何か悪いことをしたい気に叱ることはとても大切です。
ですが長く叱ることは効果を半減させてしまうようです。出来るだけ短く(一分以内)にするのが技術だと思います。
子どもが悪いことをしたときは神妙な態度で聞くものです。
ですがこれ幸いとこと、お母さんが今まで言いたかったこや他に叱りたかったけど我慢していたことなどをを付け加えて話始めると、「ゴメンナサイ。」と思っていた気持ちよりも、「うるさいな、早く終わらないかな。」という気持ちの方が強くなってしまい、終わったときには「やっと終わった・・・」という気持ちだけがのこり反省や行動改善には繋がらなくなってしまいますあなたの普段の叱り方で、

今後も叱ろう、子どもの為に必要だと感じるところはどこですか?

気を付けよう、少し変えてみよう思うところはどこですか?

使う前にこちらのクリックも宜しくお願い致します。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!



coach2016 at 11:39│Comments(0)Q&A 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字