2016年05月18日

塾の利用法

とっても長くなってしまいましたが、
オープニングのセミナーの内容紹介の最終回をお届けします。
最後は塾を上手に利用するです。

塾は何でもしてくれるところではないので、全てを塾任せにすることは推薦しません。 塾を上手に利用することはお母さんの大切なやくわれであり、腕のま見せ所でもあると思います。
脅しても敵対しても良いことはまずないので、是非良い関係を築いてくださいね。

塾によってもそれぞれ特徴がありますが、基本的には
・勉強を教えてくれるところ、
・一緒に頑張る仲間がいるところ
・受験までのカリキュラムを提示し、計画的に進めてくれるところ
ではありますが何でもやってくれるところではありません。
そして大手塾では生徒の退塾は講師の評価に大きく影響するので営業トークも絡んでしまうのは避けられないことです。
塾の中にはお母さんとの関係を重視して、頻繁に電話が掛ってくる塾もあれば、
こちらからアプローチしなければ面接時以外いとほとんど会話の機会がない塾もあります。

どちらがいいかはお母さんの考え方やご家族の環境次第だと思います。
一度入塾すると変えるのは難しいので最初に子どもにあった、そしてご家族に合った塾を選らぶことをお勧めいたします。

<塾を上手に利用する>

 ワーク1 塾に任せておけるところとそうでないところを区別する
塾は上手に利用するところであって、何でもしてくれるところではありません。 まずは塾に任せておれけるところとそうでないところを区別し、
塾任せにはできないところに関してはどうするかを考えてみてください。   
   塾に任せておけるところ               塾では難しいこと

1                                                .
 
1                                                 .

2                                                .  2
                                                 .

3                                                .  3
                                                 .

4                                                .  4.                                                

ワーク2 塾と良い関係を築く
 塾はお母さんの思い通りのことをしてくれるわけではありません。
だからと言って敵対してしまったのではお子さんにとってマイナスになることは明らかです。 良い関係を築き上手に利用することをお勧めします。 
実際良い関係のお母さん聞く耳をもったお母さんには本当のことを話しこれからの対策も一緒に考えようとしてくれますが、 文句や無理な要望の多いお母さんには本音は言わなくなっていくものです。

1.お母さんは塾をどのように利用していきますか。 

2.よい関係を築くために出来ることは何ですか。

3.塾をどのように利用していきますか。 

4.塾と良い関係を築くためにお母さんに出来ることは  

クリック協力よろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!


coach2016 at 23:19│Comments(0)中学受験サポート 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字