2016年04月29日

叱ってやらせる落し穴

本日からは中学受験の落とし穴を紹介してみようと思います。
中学受験でお母さんが失敗するケース(受験の落とし穴)のほとんどは共通しています。 
ですから事前に落とし穴の位置を知って注意することで落ちる可能性を大きく減らすことが出来ます。
初回のセミナー(このブログでも)ではレクチャーと体験を通し『落し穴の位置』を色々お伝えしますので、聞き取った落とし穴や自分で注意しようと思うポイントを書き出してみてください。と事前に伝えてセミナーをスタートしましたが、その代表的なものを紹介してみます。

落とし穴1 叱りすぎ

 中学受験をしていると愛情と期待も大きく「もっと頑張ってほしい」と思うあまり、ついつい叱りすぎてしまうようです。
叱る事は必要ですし決して悪いことではありませんが、方法を間違えると子どものやる気や能力の低下を招くばかりか、悪循環を招き信頼関係を崩すことにもなり兼ねません。
 人は美味しいものを食べればまた食べたくなります。
良い思いをすればまたやりたくなるし、嫌な思いをすれば嫌いになります。
叱られながら無理矢理勉強させられれば大抵の子は嫌いになります。

子どもを勉強嫌いにしてしまう、自主性を奪ってしまうのは、間違った叱り方によるところが大きいようです。

 確かに怒鳴ることは即効性があります。
ですが怒鳴って勉強をやらせると、下記のような悪循環に陥るケースが多いようです。

                             叱りすぎによる悪循環
子ども側:
 
勉強・宿題をやらない→叱られる→いやいややる→勉強が嫌いになる →余計に解らなくなる→ますますやらなくなる 
 
                                                  
お母さん側: 
叱る→叱られないとやらなくなる→負担が増えストレスも溜まる →ますます子どもを叱る! 
結果 
子どもはお母さんのことを味方だとは思えなくなり、本音を話せなくなる。叱られてもムッとするだけでお母さんの言うことや、アドバイスも聞かなくなるり結果お母さんは叱るしかなくなる。

 子どもだけでなく人はみな叱られることは嫌なことなので、叱られれば嫌々でも言うことをききます。
ですがそれは鞭打たれ仕方なくやっている・やらされているのか変わりありません。 
こうした罰の恐怖でやらせておいて自主性を求めるのはどだい無理な話です。 指示命令を受けて行動している人は次第に自分で考えることを放棄していくのが普通です。 
色々考えて良かれと思って出した答えや行動を、
「何で言われたとおりに出来ないの、まったく。」
などと一回でも一刀両断にしようものなら考えるのを放棄するか、お母さんから逃げ出すかしか手がありません。

叱ってやらせると大抵は嫌いになります。  
これは勉強だけでなく、片付けや、歯磨き、などの生活習慣にも言えますし、ピアノなどの習い事にも言えます。
「勉強しなさい。」「片付けなさい。」と怒鳴ることは
「勉強を嫌いになりなさい。」「片付けを嫌いになりなさい。」と言っているのと同じようなものなのです。

悪いことをしたときには怖いくらい叱ってもOKですが、
何かをやらせるために叱るのは極力避けることをお勧めします。


確かに叱ることは即効性がありますが、叱らなくても子どもにちゃんとやらせる方法はいくらでもあります。 どうかお母さんが叱らないでも子どもがやる方法をいっぱい身に付けてください。
このブログの中にもその方法を随時紹介していきたいと思っています。

落し穴は絶対落ちるかというとそうでもないのが難しいところです。
今日紹介した『叱り過ぎ』も叱り続けて子どもがやる気になる例も極たまにあります。
ただこの場合でももっと上手く接していればもっと早くにやる気になっていた場合もっと成績が伸びていたと思われる場合が多いのです。
もし「叱り続けたい」場合は止めませんが、多くの人がそれで悪循環に陥る可能性が高いことは理解し注意して使ってくださいね。



coach2016 at 16:13│Comments(0)中学受験サポート 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字