2016年04月24日

笑顔は受験のバロメーター

本日は笑顔のお話しです。
コーチングでも笑顔は大事ですが、もっとく重要なスキルかもしれません。
中学受験でもお母さんそしてお子さんの欠かすことはできません。
笑顔の量は中学受験のバロメーターです。

「笑顔が大事」って何を当たり前のことを・・・。
と思うかも知れませんが、本音が言える信頼関係に笑顔は欠かせませ。
人(特に子どもは)は怒った顔を見れば緊張するし、悲しい顔をみれば心配や不安になります。
笑顔を見れば安心するし心もオープンになるものです。

受験生をもつ母親は、
不安やイライラ、
「もっと~してほしい」
という思いが強く笑顔お失っていくケースも少なくありません。
時には怒ることも必要ですが、その場合でも出来る限り短く怒るように心がけ、怒ったかをを引きずらないことが大切です。
何度もお話しましたが、信頼関係が崩れてしまったら良いサポートはできません。

お母さんは優しいけど、甘くはないよね。
といった状態が良いのかなと私は思います。

あなたは毎日笑顔で過ごしていますか?
笑顔と怒った顔の比率が8:2を越えている方は要注意です。

意識的に笑顔でいる時間を増やすだけでも、生活が変わってくるそうです。
お母さんの笑顔が減れば子どもからも笑顔が消えていきますし、お母さんの笑顔が増えれば子どもの笑顔も増えます。

お母さんがどんなに真剣に話しかけたとしても怖い顔だと不思議と子どものやる気はアップしないし行動にもつながらないようです。 何気ない日常のお互い笑顔の会話のなかにこそ、やる気や自主性を引き出すチャンスがあると私は思います。 

 こどもに「もっと真剣な態度、笑顔ではなく集中した顔つきで勉強に打ち込んでほしい。」
と望むお母さんもいますが、笑顔だから真剣ではない気合が足りないと思うのは間違いです。 特に小学生の場合は楽しんでやっているときの方が頭の回転もよいように感じます。  スポーツや格闘技では楽しんでいる状態ではなくアドレナリンが分泌された状態の方が力を発揮する場合もありますが、勉強には当てはまらない様です。
 真剣な顔つきでの集中は何時間も続けられるものではありませんし・・・。
普段から笑顔を奪ってしまうのは中学受験勉強にはあまりよい状態とは言えないように思います。
実際トップレベルの子たちは普段は笑顔で元気に過ごしている子が多いです。 中学受験生のなかには悲壮感を漂わせ、何かに取り付かれたように勉強している子も結構いますが、そうした子は普段の勉強やカリテストは出来ても、総合模試や本番では点数が取れなかったりします。

 中学受験では上手くいかないこと、不安になることイライラすることいっぱいあると思います。
放っておくと笑顔は減るのが中学受験です。
でもそれに負けないでお母さんは笑顔を失わない強い人でいてくださいね。
これは努力次第なのだと思います。
6年生の後半でも笑顔でいれるお母さんになれるように頑張ってみてください。


コメントする

名前
URL
 
  絵文字