子どもの精神疾患22018年度スタート

2018年03月28日

後悔を断ち切る

 今年度最後のブログです。

中学受験では後悔なく終わるのは難しいものです。
誰しも
「あの時こうしておけば、もっと良い結果で・・・。」
と思うことの一つや二つはあるものです。
第一志望に合格できなかった場合はどうしてもその思いが強くなります。

ですが、
「あの時こうしておけば・・・。」
と後悔しても結果は変わりません。
そればからは未来を壊しかねません。

お母さんが後悔を抱えているとお母さんは表に出していないつもりでも子どもに伝わってしまうものです。
そうすると中学受験が失敗体験になってしまうし、
希望を持って中学に進むこともでき難くなってしまうものなのです。


「あのとき思い切って塾を変えていれば・・・。」
「叱ってでも無理にでももう少しやらせておげば・・・。」などなど
色々な思いがあるると思いますが、それを引きずるのはNGです。
叱って伸びるなら私も叱りつけますし、無理矢理やらせて伸びるなら私もそうします。
ですがそれで上手く行かないのが中学受験サポートの難しいところなのです。

もしそうしていたら今よりもっと酷い結果になっていた可能性が高いのですが、
それでも「あのときこうしておけば・・・」とつい思ってしまうのが人のようです。

あの時こうしていれば今頃バラ色の未来が・・・
と思う間はとても危険なことです。
何故なら「現実とは別の場所に素晴らしい未来があったはず。」と思ってしまうと今を不幸にしてしまうのが人間心理だからです。つまり今の現実を素敵なものにしていこうという努力、これが正解だったんだと思える努力をしなくなってしまうのです。

オリンピックを目指して頑張って来た選手でも選ばれないことは多々あります。
ですがそれを根に持ったり、「あのとき選ばれていたら素晴らしい未来があったのに・・・」
と思う人はかっこ悪いです。
カッコいい選手は、
「あの時選ばれなかったからこそ今の成長した自分がある。」
という生き方をしています。

お母さんも色々な思いがありまだ割り切れない方もいるかもしれませんが、
強い気持ちを持って断ち切り、明日に向かってください。


お母さんが「良い受験が出来た」と思えれば、必ず子どもも受け入れられるし、中学生活を素敵なものにしてくれます。

クリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!




coach2016 at 02:03│Comments(0)中学受験サポート 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
子どもの精神疾患22018年度スタート