本番に弱い子2冬期講習を有意義に1

2017年12月18日

良いサポートをしていくために

全員とは言いませんが、ほとんどの受験生は本当に頑張っています。
受験をしていない普通の小学生と比べればその差は歴然です。
お母さんから見れば
「もっと出来るはず。」
と思ってしまうう部分はあるとは思いますが、お母さんの理想や比較する相手は高すぎる傾向にあります。
相手はまだ小学生なのですから・・・。
そこで質問です。

今の我が子の頑張りに何点をあげますか?

お母さんの合格ラインは何点かはわかりませんが、
50点以上と感じるなら叱るのはなるべく避けた方が懸命だと思います。
頑張っている子に
「もっと頑張りなさい。」と叱りつけたり、
「○○ちゃんはもっと・・・」と上の子と比較したり
しても良いことはありません。
悪いことをしていない以上(まして頑張っている子)を叱ってやらせるのは効果が薄いだけでなく信頼関係も崩しかねません。

と言う話をすると決って、
「でも下の子と比べても成長がない・・・。」
「今のままではまだ合格点に達していないのだから、もっとやらせないと・・・。」
という意見が飛んできます。
 私は何も子どもとお母さんに妥協しろと言っているのではないのです。
今以上に伸ばすためにどんな方法が有効かということをお母さんに理解して頂きたいのです。


叱って伸びるくらいなら私も叱ります。
無理にやらせて伸びるのなら、無理矢理机に向かわせて監視もします。
ですが自分なりにでも頑張っている子(50点以上の子)は、叱ったり無理矢理やらせるだけでは伸びないのです。


極稀に叱って伸びる子も確かにいますので、
お母さんが
「叱ることがこの子にプラスに働いている。このまま叱り続ければきっと合格できる。」
というイメージが湧いている場合は多分今のままの方法で大丈夫だと思います。
ですが、
「叱っても良い方向には行っていないけど、叱らないともっと悪くなりそう。」
という思いから叱っているのであれば、方法を変えることをお勧めします。

ここから先はお母さんのサポート力の見せ所です。
特に頑張っているのになかなか結果が出ないお子さんはサポートが必要なお子さんでもあるのです。
お母さんの言葉一つで、成績も合格率もまだまだ上げることができると私は思っています。


以前お話した、
定着率をほんの少し伸ばすだけでも、
スピードを早くするだけでも
ケアレスミスをしない方法を身に付けるだけでも
合計点は全然違って来ます。
ましてやる気を引き出したり
自信を持たせたり、
子どものストレスと不安をえらしてあげたり
できればもっと点数は伸びるでしょう。

お母さんは自分のサポート力に何点をつけますか?
あなたのサポートによって子どもが伸びていくイメージは持てていますか?



あなたの一票が私のモチベーションとなっています。
こちらのクリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!

coach2016 at 12:02│Comments(0)中学受験サポート 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
本番に弱い子2冬期講習を有意義に1