もっと必死になって欲しい2受験 不安でてまりません2

2017年11月17日

受験 不安でたまりません

本日の質問
「6年生の息子の受験を考えると不安でたまりません。私が不安に負けてしまうと良い受験が出来ないことは解っているのですが、とても不安なのです。」

中学受験をしている以上不安はなくなりません。
成績の良し悪しに関わらず中学受験生を持つお母さんに不安は付き物です。
愛情と期待が大きく、今まで頑張ってきた方なら尚更です。
不安の現れ方はお母さんによって違うようです。

1.イライラして怒りっぽくなるお母さん
子どもがゲームしているのを見ているだけでイライラして怒鳴ってしまったり、勉強を教えていてもお母さんが出来ると思っている問題を子どもが間違うと「なんでこんな問題が出来ないの。」とか
「さっき教えたばかりじゃない。」
と怒鳴ってしまう。

2.管理を強めるお母さん
ご自分の不安を解消したいがために子どもへの指示命令、ノルマを強める方を多いです。

3.落ち着きがなくなるお母さん
子どものこと、受験のことが気になって他のことが手につかなくなる方もいます。

4.下手にでるお母さん。
なんとか子どもに頑張ってもらおうと、やたら子どもに気を使うようになるお母さんもいます。 子どもの負担を極力減らそうとする方、頼まれると何でもしてしまったり、ご褒美を用意したりする方もいます。 

5.余計な情報に惑わされるお母さん
他のお母さんのアドバイスや上手くいった方法を聞くと直ぐに影響受けてしまう方。
模擬テストの結果に一喜一憂して振り回される方

6.視野が極端に狭くなるお母さん
受験が全てのようになってしまうお母さんもいます。子どもにとって中学受験は一つのゴール通過点にしか過ぎません、また勉強以外にもこの時期にしか味わえない子どもの成長にとって欠かせないことも沢山あります。

7.元気を無くしてしまうお母さん
不安とストレスから体調を壊してしまうお母さんもいます。

など不安の現れ方は様々ですがどれも子どもに良い影響は与えません。
受験生のお母さんは多かれ少なかれ不安を感じています。ですが不安に負けないこと、それはお母さんの大切な役割だと思います。
お母さんは不安やイライラばましてはいませんか。
不安がなくなることはありませんが、イライラし始めるのは不安に負けている証拠かも知れません。
イライラが増していると感じている方は、不安と上手に付き合う自分なりの方法を見つけて欲しいと思います。
次回は不安の軽減法についてお話しいたします。
次回も読んでみたいと思った時はぜひ。
こちらのクリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!


coach2016 at 08:25│Comments(0)Q&A 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
もっと必死になって欲しい2受験 不安でてまりません2