2021年09月

2021年09月18日

もうすぐ2学期

もうすぐ8月も終わりますが夏期講習は如何でしたか。
お子さんそしてお母さんは元気に過ごしていますか。

夏期講習を成功体験に出来そうですか?
ぜひぜひお母さんの力で成功体験にしてあげてくださいね。


もうすぐ勝負の2学期を迎えますが、
コロナデルタ株の猛威は収まる気配がなく、小学生への感染力も懸念され、
新学期が普通に始まるのかも危うい状況となっています、
コロナ禍で外出もままならずストレス解消も難しく、
例年以上に心配ごとが多い2学期になることが予想されます。

お母さんとしては 「どうせ外出が出来ないのだから、勉強に集中できる・・・。」 と思った方もいらっしゃると思いますが、 子どもはそうはいきません。
8月はなんとか無事乗り切れた方も、 コロナ自粛の影響は今後いろいろな形で出てくると思います。 それだけにお母さんのサポート力が例年以上に影響を及ぼすと予想されています。

ただでさえ9月~10月は中学受験最大の難所で、お母さんのサポート力で大きな差がでる時期ですので、本当にお母さんは頑張りどころだと思います。

とは言え、コロナ禍で一番負担が掛かってるのはお母さんだと思いますし、ストレス発散も難しい昨今ですから、これ以上「お母さん頑張って」と言うのは酷な気もします。

本当に2学期はお母さんの力が大きな差となって現れます。
「でも何をどうしてあげればいいの??」
「頑張る我が子のために出来る限りことはしてあげたいと思っているけど、なかなか成績が上がらない・・」と悩む方も多いと思います。

そんなお母さんの力になれるよう私もサポートして参ります。




coach2021 at 03:02|PermalinkComments(0)中学受験ガイド 

2021年09月01日

夏期講習は成功体験にできましたか?

よいよい勝負の9月を迎えますが、
お母さんそしてお子さんはお元気ですか。
実のある夏期講習になりましたか。
成功体験にしてあげられましたか?

夏期講習の終わりには大抵の塾ではテストがありますが、結果は如何でしたか。
このテストで納得のいく点が取れれば、夏期講習も勝手に成功体験になっていくし、良き思い出となり次へのエネルギーにもなりますが、点数を取るのが難しいテストを作ってくるところが塾の嫌らしいところです。

点数が取れなかつた子に、 「これでわかったでしょ、他の子たちはもっともっと頑張っていたのよ。9月からは心を入れ替えてもっと頑張ろうね。」
と言いたくなる気持ちはよくわかりますが、
「そうだね、僕が甘かったよ、9月からは頑張る。」 となるケースはほとんどありません。
もしなったとしても長続きしません。

人(特に子ども)は折角頑張ったのに結果がでず成功体験が得られないと、頑張ることを怖がるようになっていくのが普通なのです。
奮起を促す声掛けや弱点の指摘はお母さんが思っているほど効果はないことをどうか覚えておいてください。


ぜひぜひテストの点数に関わらず成功体験にしてあげてください。

でもどうしたらいいか?
どうしたら成功体験になり、今後の成績と合格率アップにつながるか?


今後ブログでも紹介していきますが、その前に 是非ご自身で考えてみてください。
考えることでお母さんのサポート力も応用力も磨かれます。
沢山の方法から我が子の未来につながる対応をチョイスして頂ければ、きっと良い対応が出来ると思います。

考えないまま心のままに対応すると、大抵ダメ出しや改善を促す説得口調になってしまい、かえって子どもの成績を下げる結果になってしまうので気を付けてくださいね。

coach2021 at 03:12|PermalinkComments(0)中学受験ガイド