良い家庭教師の見つけ方家庭教師を上手に利用する

2019年06月24日

習い事をやめさせるか?

今回もお母さんから寄せられた質問に私なりに答えてみようと思います。
本日質問、
日曜日は毎週野球クラブに行っています。帰ってくると疲れて勉強に身が入っていないように感じます。
友達のお母さんからも 「辞めさせなきゃ駄目よ。」と言われています。やっぱり辞めさせた方がよいでしょうか。

という質問を頂きました。
ガチガチの管理体制で受験に挑む場合は辞めさせるのが当たり前とも思いますが、
やる気や能力を引き出し、受験を通して子どもが成長するようにサポートすることを望むのであれば、
説得し無理矢理辞めさせることはお勧めしません。


無理矢理辞めさせたことでその分のエネルギーが勉強に向かいモチベーションや成績が上がった生徒を私はほとんど見たことがありません。

 こうした質問を受けたとき私は
「子どもはどうしたいと思っているのですか。」
と私はお母さんに聞きます。
お母さんが勝手に決めることではないと私は思っています。
小学生だからと言って子ども扱いせず人間として彼の意思を尊重する姿勢を見せてあげてください。
彼の意思を尊重する姿勢をみせることが成績アップにも信頼関係にも繋がります。できれば
「このままクラブをぎりぎりまでやりながら合格できたらカッコいいね。」
みたいに子どもが「カッコいい」と思える物語を準備してあげると尚良いと思います。
 もちろん習い事と塾の曜日が重なってどちらか一方を選択しなくてはいけない場合もありますが、そのときにも「仕方ないでしょ」みたいなことを親が先に言って決めてしまうのではなく、子どもの意思を尊重する姿勢を見せてあげて欲しいと思います。
二つ両立できる場合は両立にトライさせてあげればいいし、出来ない場合は親が強制しなくても大抵子どもがきちっとした判断をします。

『今は受験』他の事は2の次3の次みたいな姿勢は子どもの成長にも成績にも悪影響をおよぼします。

 自分の意思でクラブも頑張るというのであれば信じてあげて欲しいと思います。
大丈夫です子どもはちゃんと両立させます。 
最近は減りましたが以前は2教科受験の学校も多く2教科受験に絞る家庭も多かったのですが、
2教科の子より4教科やっている子の方が国算の成績がよいのと同じでに思います。

理社は凄く時間がかかるのにホント不思議ですよね。
子どもの適応力、可能性にはいつも驚かされます。
 

受験が迫り、"今はクラブより受験"と自分自身が感じたときに、
「お母さん僕試験が終わるまでクラブ休んでもいい?」
と自分から言いますので心配せず子どもの意志を大切にしてあげてください。


こちらのクリックも宜しくお願い致します。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!



coach2019 at 11:50│Comments(0)中学受験サポート 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
良い家庭教師の見つけ方家庭教師を上手に利用する