お子さんのスペックを上げるスペックを上げる3

2019年05月29日

スペックを上げる2

 中学受験では知識を入れることも大切ですが、それ以上にスペック(能力)を伸ばすことが大切です。

スペックは生まれつきのものではありません、筋力や体力と同じでその気になれば誰でも伸ばすことが可能です。このスペック(能力)が磨かれれば今後の受験勉強が楽になるのはもちろんのこと、中学や高校に上がっても超お得なことはお分かり頂けると思います。折角の中学受験ですから是非知識だけでなくスペックも一緒に伸ばす受験をしてください。


スペックは色々ありますが、受験に関わる代表的なスペックを
5つ紹介します。

 

① 勉強できる時間  

 皆さんのお子さんは受験勉強をしていない子に比べると遥かに長時間勉強できるスペックが養われています。

あなたのお子さんは、塾と家庭学習あわせて週に何時間くらい勉強していますか。 
          
現在の勉強時間(   時間/)

② スピード

 1時間に10ページ進む子もいれば1ページしか進まない子もいます。 
限られた時間の中で勉強量を増やすにはスピードを早くするのが一番簡単な方法です。

スピードには
(宿題をやる速さ、取り掛かる速さ、解く速さ、考える速さ、理解する速さ、覚える速さなど)色々ありますが、中学受験はスピード勝負の要素も強いのでスピードをつけることは総てにおいてアドバンテージとなります。 
スピードは普段歩くのが速い子と遅い子がいるのと同じようなもので能力というよりは自分のペースが癖となっている場合が多いのです。
ですから今遅い子でもトレーニングすれば誰でも速くなることが出来ます。

お子さんの現在のスピードを(   )内に入れてみてください。
(
普通の人を1として。 0.13倍の範囲で答えください。 普通の人の倍くらい時間がかかる場合0.5倍  半分の時間で終わる場合2倍など)
お母さんは他の人と比べるのは難しいと思いますが感覚で構いません。

 

          現在のスピード(   )

③ 定着率

例えば問題集を一冊やったとしても2週間後1ヵ月後にその内容の20%しか出来ないのではないどんなに量をこなしても実力は付きません。
同じ量の勉強をやったとしても後に残る量(定着率)は人によって大きな差があるのです。
そしてこの定着率もスピートと同じでその人の中で癖になってしまうものなのです。やった量の20%しか頭に残らない子はそれが当たり前となるし、90%出来るようにする子はそれが当たり前となるのです。
中学受験ではこの定着率が最大のポイントになります。
お子さんは以前にやった問題を1ヶ月後何%くらい解けますか。

            現在の定着率(   %)

④~⑤も気になる方はこちらのクリックをしてください。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!



coach2019 at 13:55│Comments(0)中学受験サポート 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
お子さんのスペックを上げるスペックを上げる3