動画をアップしましたオープニングセミナー開始

2019年04月05日

中学受験をガイドする

中学受験は言わば長く険しい旅のようなものです。
小学生一人で旅するには無理があります。
お母さんのサポートは欠かせません。

お母さんはこの長い険しい旅を一緒に歩きガイドの役割も担うことになります。
 素敵なガイドに恵まれれば、旅は安全で楽しいものになりますし、
無駄な時間や労力も省け、その分素敵な体験や成長に費やせます。
ガイドが悪いと大事なポイントも見逃したり、嫌々歩く羽目になったり、危険な目にあったりします。


「もっと早く歩きなさい。ぐずぐずしていると時間に間に合いませんよ。いいんですか。」
とガイドに怒られながら歩く旅は如何ですか。
一時は少し速足になるかもしれませんが、長い旅をこのガイドさんと歩きたいと思うでしょうか?

お母さんがそう言いたくなる気持ちは私もよくわかりますが、長い旅であればあまり効果的でないことはお分かり頂けると思います。
そうなんです、こうしたとき感情まかせに言いたいことを言うだけではガイドは務まりません。
相手を楽しく自分の足で歩けるようにするテクニックが必要なのです。

あなたは良きガイドですか?

言葉のかけ方も大事ですが、ガイドが道を知らないのでは話になりません。
中学受験は初めての経験の方も多いと思いますが、それなら尚更地図などを見て勉強し子どもに合ったプランをしっかり立てる必要があると思いませんか。


 私のセミナーに参加した方が悔いのない受験をして頂ける確率が高い(95%以上)理由は、
事前に道や注意点を知り、どう案内していこうかをしっかりと考えてサポートした結果だと思うのです。
4月には4月の大事なほポイントがあるし、
7月なら夏期講習の過ごし方のポイント、
9月は9月病(やる気が落ちたり、成績の伸びなくなる子が沢山でる)の正体や回復法
10月なら過去問の取り組み方とお母さんに出来ること、後悔しない志望校選び。
などその時その時、ここだけはしっかり押さえて(意識して)サポートするべきポイントがあるのです。
少なくともそのポイントを知り事前に準備して臨むのがガイドの責任だと思います。

 後悔しないコツはしっかりと道を調べ事前の準備をして進むことです。
そしてもう一つは危険地帯(落し穴)をしつかり頭に入れてサポートすることです。

ぜひぜひ良きガイドとなって、実りある楽しい旅にしてください。
ガイドという言葉がピンとこない場合は、リーダー、伴奏者、協力者など自身にフィットする言葉に置き換えてみてください。

<協力宜しくお願いいたします。>
クリックが多くなるとその分多くの方に読んで頂くことができます。
中学受験で悩んでいる沢山の方に読んで頂きたいと願っています。
クリック協力よろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!




coach2019 at 01:00│Comments(0)中学受験サポート 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
動画をアップしましたオープニングセミナー開始