2017年03月27日

子どもの精神疾患1

会社では精神疾患で出勤できなくなる人が毎年増加していて大きな問題になっています。 
お母さんの精神疾患はあまり話題になっていませんが、実はとっても増えています。 会社で働くのと違いお母さんの場合は他人と接する時間が短くても普通に生活できるのでよほど重症でない限り周りの人は気づきません。
 一言で精神疾患といつても、うつ病、パニック症、ヒステリー、神経麻痺、過食症、拒食症、対人恐怖、痙攣、等さまざまですがその人数は皆様の想像を超える人数です。

 殺人的な忙しさが続くと、本当に心身ともに元気だった人でも、体を壊したり精神にトラブルがでたりします。本当に死んでしまう前に危険信号として現れるようです。
会社によっては
「そこまで働かせるか。」
とびっくりしてしまう会社も実際あります。
自分の身は自分で守るしかないのかも知れません。

お母さんの間で見られる神経疾患はこうした忙しさからくるものではなく、
・過度なストレスを消化できなかくなったとき。
・現実を受け入れず矛盾を生じたとき。
・自分の思い通りにならないことに耐えられないこと


が主な原因な様です。
特に最近は、現実を受け入れられない方、思い通りにならないことに耐えられなくておかしくなる方が増えています。
この原因は子どもにも増えていますので、お母さんは是非知っておいてほしいと思います。

次回はこのことについてお話しようと思います。

クリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!


coach2016 at 01:58│Comments(0)中学受験サポート 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字