2017年03月13日

中学生活に向けて

本日は中学生活に向けて、この時期にできることについてお話します。
 6年生のお母さんの中には
「今まであんなに勉強して頑張っていたのに、今は全然しないで・・・。」
と心配されている方も多いと思います。
まっ、今まで遊ぶのを我慢して頑張ってきたのですから思い切り遊ばしてあげることも良いことだと思います。
ですが、折角ついた勉強の習慣をなくしてしまうのはちょっともったいない気もします。以前にも書きましたがこの時期に中学の勉強を進めておくことは楽しい中学生活をおくる上でとても有意義だと思います。 

中学の予習をするのには今までの勉強の20%くらいの労力で充分なので、なにも遊ぶのを我慢して勉強いる必要はなく、
めいいっぱいやりたいことをやり、そして勉強もするという習慣を身に付けるには格好の時期だと私は思います。


実際この時期をどう過ごすかは勉強だけでなく子どもの今後にとても大きく影響するようです。
 子どもは楽な習慣には直ぐに慣れるものです。
大きな目標を達成し新たな目標が見つかっていないこの時期は誰かが上手にサポートしてあげないとなかなか頑張れない用です。
こうした姿を見ていると、人間は目標があるときとないときでは頑張れる度合いが全然違うんだな~と驚きさえ感じます。

 本当は小学生から中学生に変わるこの時期は、お母さんのサポートがとても大切な時期なのだと私は感じますし、色々な意味でとてもチャンス(よい時期)だと思います。 
・新しい目標を見つけるサポート
・楽しい中学生活をおくるために前もって準備をする。
・子どもが大人になっていけるように自立していけるようにサポート法を変えていく
・今まで手伝ってきたことを止め本人に任せていく。(起こす、送り迎い、準備、部屋の片付けなどなど)
・中学に入ってからの約束事を決めておく
・信頼関係をつくる
・子どもの話をいっぱい聞いたり、一緒にどこかに行ったり何かをやる。
チャンスのように思います。

もちろんお母さんが自分の勉強や仕事を始めたり、何かにトライするにも良い時期だと思います。
ですが実際はお母さんも受験を終えた安堵感なのか明確な目標がなくなっているためなのか、この時期を有効に過ごしてる方は以外と少ないようです。

お母さんももう一度目標をつくって楽しく有意義な時期を過ごしてみませんか。
・今後お子さんに対して何を意識してどんなサポートをしていきますか?
・自分自身の目標は何ですか。


目標はノルマではなく、自分自身が楽しく過ごす為のものです。
目標を持つだけで毎日の過ごし方も楽しさも変わってきます。
達成させなきゃと思わないでよいですから、是非目標を書いてみてください。

<お願い>
クリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!





coach2016 at 02:15│Comments(0)中学受験サポート 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字