2017年02月25日

セミナー参加者の声2

本日も『お母さんのための中学受験サポート教室』参加者の声をお届けします。
「受験してよかった。」「受験をしたお陰で子どもが凄く成長した。」「成功体験で締めくくれた。」
という話を聞くと本当にうれしいです。
今後もこうした家族が増えるよう、そして中学受験で苦しむ家族が少しでも減るよう微力ながらお母さんとお子さんをサポートしていきたいと思っています。

<K.Y 6年男子のお母さん >
我が家は第一志望が残念でしたが、
それでも「よい受験」ができたと思えることが本当に幸せです。
受験勉強期間中、親子関係を良好に保てたことが何といっても大きいです。
声掛けのテクニックを学び、私が私のできることを努力している姿を見て、息子も少しずつ変わっていきました。そして、先が読めて落とし穴の位置を知っていたからこそ、落ち着いて適切な声掛けができたと思います。

また、塾に任せきりにしない(言いなりにならない)ことを学んでいたことも、我が家の受験戦略で大きなターニングポイントになりました。
たくさんの学びがあって、そこからのヒントで実際に行動に移すことができました。そして、参加の皆さんから笑顔と承認をもらい、毎回エネルギーチャージして帰れることが大きな支えでした。
「第一志望に受かること」「点がとれること」ももちろん大事で、そのための「技」もセミナーでは教えていただけました。が、最終的に大切なことは「この受験を子供のこれからの人生につなげていけること」であり、母親の力で「『よい受験ができた』と思える状態にしてあげるられること」。
流されそうになったときも常にその原点に立ち返れたのは、1年かけて先生のお話を聞き、身体にしみ込んでいったからだと思います。

 息子のまわりでは、超有名校に進学が決まっても第一希望が不合格だったために親子で打ちひしがれていたり、進学先を隠そうとしている親子がいます。
中学受験は通過点でしかない、でもここで得られた良好な親子関係や本人の自己肯定感はその後の子供の人生にに大きく影響する...。
今、息子とはとてもよい関係でいられています。
ありがとうとたくさん言ってくれるようになり、私の話を受け入れて聞いてくれます。

もちろん今後の思春期で状況は変わるでしょうが、それでもこの時期に作ったこの土台があることで、何とか乗り切れるのではないかというちょっとした安心感を持てています。
これからも、私自身が変わり続けるため、学び続けていこうと思います。
花岡先生、中学校受験を成功に導いてくださって本当にありがとうございました。

<A.S 6年女子のお母さん >
 自分から受験したい、塾に入りたいと子供が言いだしてから 3年間、親子二人三脚の受験でした。なかなか塾のペースについて行けず、授業でわからない事、今すべき事を一緒に確認しながらの毎日。それでもなかなか成績は上がらず、次第に親子の衝突が増え、怒ってしまう自分に自己嫌悪を感じ、日々ストレスを感じる様に。何とか今の状況を改善したいと思い、友人の紹介でセミナーに参加する事にしました。
そもそもどうして受験をするのか、どうすれば、子供にとって良い受験になるのか、親に何が出来るのかを改めて考え直すきっかけになり、私自身を客観的に見る事が出来ました。
また以前より子供とも冷静に話が出来るようになりました。
第一志望校に合格した時の子供の嬉しそうな顔、「3年間ありがとう」の子供からの言葉は一生忘れる事はないと思います。 セミナーに参加する事で、親子で悔いのない受験をする事が出来ました。
今回の経験をこれからの子育てにも生かせていけたらと思います。ありがとうございました。

<S.Yさか 6年男子のお母さん>
最終的に本人が一番行きたかった第一志望校に行けることになったので本当に嬉しいです!
1月セミナーの最中に、父親から「併願校に基準点のはるか下で不合格だった」という連絡が入り、真っ青になってしまいました。内心非常に動転しましたが、花岡先生の
「中学受験はたいてい子どもの心を支えればうまくいく」
という言葉を思い出して、家では前向きな明るい雰囲気を作るよう頑張りました。
それまで家の壁は「〇〇に合格するぞ!」みたいなプレッシャーのかかるポスターだらけだったのですが、全てはがしておもしろ画像に変えてしまいました。
1月の不合格後も本人は意外に元気で、毎日9時間以上寝てバスケをしたりしていました。(睡眠を削るとすぐにできなくなってしまう子だったのもありますが。) つい怒りたくなりましたが、花岡先生が
「難関校に合格する子は(お母さんも)意外に元気だよ」
とおっしゃっていたのを繰り返し思い出して、こらえました。

本人への手紙も、受験前日になんとか書き上げて渡すことができました。勉強やお手伝いでポイントをためてゲームができるようにしていたのですが、これまでに貯めていたポイントカードを全部まとめて一緒に渡しました。合計50枚になっていました。本人も感慨深げでした。
結果は‥第一志望校に合格!
受験期間中は山あり谷ありで何度もくじけそうになりましたが、
1月のセミナーの最後で先生に「お母さん頑張って下さい」と激励の握手をしていただいたのが、一番心強かったです。
思わず手を洗わないで帰ろうかと思ったほどでした(笑) 。
「中学受験はたいてい子どもの心を支えればうまくいく」という言葉に、「中学受験はたいてい母親の心を支えればうまくいく」も付け加えていただければと思います。本当にそのとおりになりました。
ありがとうございました!

<A.S 4年生から参加してくださった6年女子のお母さん >
 娘の塾通いが始まった途端、親子げんかばかりの毎日でこのままではいけない、でもどうすれば…と悩んでいたとき先生のブログを見つけ、藁にもすがる思いでセミナーに参加しました。
娘はまだ4年生でしたが、特に前期のセミナーは受験直前でなくてもためになる目からうろこの話しばかりでセミナーに参加した日の夜は先生からお聞きした話しを、私が夫に熱く語っていたことが良い思い出です。
先生のお話しで一番印象に残っているのは・子どもに何かやらせるのではなく、自分に何ができるか考えるという言葉です。

 セミナーでは、そのためにどう行動するか、いろんな角度から具体的にお話ししてくださるので今日から私ができること、小さなことでもすぐに実践できることを自分なり見つけることができ
「私も娘の受験のためにできることをやっている」という実感を持ち続けることができました。

中学受験は迷い、悩みの連続で、親自身の気持ちもブレがちですがそういうときにセミナーに参加して
「いや、とにかく自分ができることをやろう」
と我にかえることができ、
また同じような悩みを抱えている方と、何のしがらみもなく話しをすることで何度も救われました。
このセミナーなしでは我が家の受験は成り立ちませんでした。
本当にありがとうございました。

<T.Uさん6年男子のお母さん> 
子どもの成績を上げるための勉強方法,計画の立て方,参考書などの情報はたくさんありましたが,
受験勉強することが苦しいと思っている子ども,努力が継続しない子ども,なかなかやる気が出ない子どもに手を焼いていた私には,この1年間のセミナーがとてもよい伴走者となりました。
受験に向かう6年生の1ヶ月毎の道順(6年生スタート,ゴールデンウィーク,夏期講習,秋の模試シーズン,最後の追い込み,受験直前・当日・発表まで等)で,子どもの心理や親が子どもを伸ばすためにどのように応援したらよいのかを導いて頂き,子どもに対してぶれることなく接することが出来たのも,このセミナーのお陰です。
受験を終え,親が中学受験をする子どものいい伴走者になることが,受験を成功させる一番の効率的で近道だったと,改めて気づかされます。
花岡先生からは,セミナーの合間に,親の私にも,私のタイプに合わせて個別に声がけして下さることも有り難かったです。先生には大変感謝しています。

<今年度オープニングセミナー開催>
3月2日(木)下北沢 (残席10名)
3月6日(月)大井町 (残席4名)
にてオープニングセミナーを行います。
オープニングに付き先着20名様を特別に無料招待したします。(一般2800円)
詳しい内容につきましては前回のブログ
をご覧ください。
申込方法 参加申し込みは こちらのフォーム よりお願い致します。
    (定員となり次第締め切りとなりますのでお申し込みはお早めに)

<お願い>
クリックよろしくお願いいたします。→
にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!





coach2016 at 03:00│Comments(0)セミナー 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字