2017年01月26日

合格発表を見たときの声かけ

本日の質問
合格発表(合格のとき、ダメだったとき)を見たときどんな声かけをすれば良いか悩んでいます。

東京神奈川の中学受験は2月1~6日ですが、千葉や埼玉は一月受験が多いです。あなたがお住まいの地域はいつが受験ですか。
合格発表を見るのは楽しみでもあり不安でもあります。
子どもたちもお母さん同様、合否がとても気になり不安になっています。
ただ顔つきや態度には表さない子がいて、その表情をみていると”真剣味に欠けている”と感じるお母さんもいると思いますが、子どもは強いのでいつも元気でいてくれるのです。 

表情と真剣味は比例しません。
 悲壮感漂った表情をしている場合は危険信号とうけとった方がよいかもしれません。
自己採点が今一だった子や何校か不合格が続くと尚更不安でたまらなかったりします。でも子どもたちその不安を乗り越えて一生懸命次の受験に挑んでいます。
駄目出しをしても心配だけしても何にもなりません。

 そしてもう一つ中学受験においては『受験後のフォロー』もお母さんの大切な役割です。

 受かった場合も不合格だった場合もどのように接しコミュニケーションを取るかはとても重要です。
その取り方によって折角の合格も味気ないものになるし中学生活の意欲にも直結します。不合格だった場合は尚更です。

第二希望や滑り止めの学校に行くことになる子にとっては尚更お母さんの声のかけ方が重要です。声のかけ方次第で受験が素敵な経験になるかどうか、気持ちよく中学生活が送れるかどうかは大きく変わってきます。

 「今から落ちたときの準備なんて、縁起悪いし出来ない。」
と思う方もいらっしゃると思いますが、咄嗟にはなかなか良い言葉は思いつかないものなので是非合格発表を見る前に考えておいて下さい。
そのときの親の接し方や言われた言葉は子どもはず~と憶えています。
言い直しは聞かないのが難しいところです。

本当は言葉というよりもどんな心で接するかが重要です。
あなたはどんな心を持って試験発表そして子どもと向きあいますか。


是非考えてみてください。
つづく


<合格祈願>
こちらのクリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!



coach2016 at 00:43│Comments(0)中学受験サポート 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字