2017年01月23日

不安でたまりません

お母さんからの質問
「もしも合格できなかったらと思うと不安でたまりません。」
「もしもインフルエンザになってしまったらと思うと不安で眠れません。」


中学受験をしている限り不安は無くなりません。
とっても頑張っている子どもを見てきたお母さんは尚更です。
お子さんを愛していればそして期待をしてるからこそ不安は無くなりません。
不安は無くなりませんが表に出さない強さがあれば大丈夫です。

お母さんは不安に負けていませんか?

今までも不安を軽減させる方法についてお話してきましたが、一番のポイントは子どもの未来を信じることのように思います。
 今まで出あってきたお母さん方をみても、受験日が近づいてもどっしりと構えているお母さんの多くが、子どもの将来を信じている方だったように思います。

我が子はたとえ第一志望に合格できなくてもそれを良い経験に変えてくれるから大丈夫。
どこの学校に入っても大丈夫。
途中落ち込むこといじめにあうこともあるかも知れにないけど、そんなときでも私が元気になるまでしっかり支えるから大丈夫。

といった気持ちを持っていたように思います。
もちろん合格させてあげたいという気持ちは皆さん同じですが、こうした子どもの未来を信じる気持ちを持っているお母さんの子は、お母さんもお子さんも人事を尽して天命を待つといった気持ちでテストに臨めるようです。

 オリンピックに出場する子のお母さんの気持ちもきっとこんな感じなのではないかと思います。 
どんな結果であれ今まで頑張ってきた我が子、そしてオリンピック出場を果した我が子を誇りに思い迎えると思うのです。もちろん結果がよければそれにしたことはないと思いますが、周囲の人がそれをどんなに気にしても結果に拘らずがんばった我が子を迎えてくれるのが家族のように思います。
そしてそういう家族がいるからこそ安心して力を発揮できるのだと思います。
「負けたら帰る場所はないぞ。」
とプレッシャーをかけるたげで勝てるのならみなんなそうするし誰も苦労はしません。

 な~んて今だから言えますが、私も若い頃は何とか合格させてあげたいと必死になり、子どもにプレッシャーをかけてしまい実力を存分に発揮させてあげられないような直前指導をしたり、最後にあれもこれもとやらせようとして消化不良のまま会場に行かせてしまっていました。 今になって思うと本当に悪いことをしてしまったと反省しますがそのときは子どもに良かれと私も必死だったのです。
必死になること熱くなることが子どもにプラスになれば良いのですがそうは行かないところが受験の難しいところだと思います。(中には上手くいくケースもありますが・・・)

長年中学受験に関わっくる中で、本当に子どもは強いんだということを知りました。周りの大人がしっかりしていればそして良い対応をしてあげれば子どもは現実をしっかりと受け止め明日に繋げていく力を皆持っています。

・子どもはお母さんが思っているよりずっと強いから大丈夫。
・子どもは期待を裏切ることがあっても信頼は裏切らないから大丈夫。
・子どもはどんな場所でも楽しみをみつけ元気に生き 抜く力を持っているから大丈夫。
・子どもは結果を受け止め明日に繋げていける力を持っているから大丈夫。
・中学受験は通過点、通過点が多少ズレても目指すゴ ールへの道は繋がっているから大丈夫。
・どんな結果であれ受け止め、いつも味方でいてくれるお母さんが側にいれば絶対に大丈夫。

私はそう信じています。
お母さんの不安は子どもに余計なプレッシャーをかけてしまいます。
どうか不安に負けないでよいサポートをしてあげてください。

<合格祈願>
こちらのクリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!



2017年01月19日

本番前の大切な打ち合わせ

本日は私のセミナーでお渡ししている、子どもとの対話シート「本番前の大切な打ち合わせ」を載せます。こうしたことについて子どもと事前に話し合い確認しておくととても楽になれます。
ぜひ印刷してお子さんと楽しく会話してみてください。
受験校を決め場合は、「これでいいのね。後悔しないね。」といって「うん。」と答えられる場合は押しても良いですが、強く押されると迷いが生じたり決められない子も多いものです。 こうした場合は強く押すのではなく、
「じゃあとりあえずこれでいこうか。もし変更したくなったら言っても間に合うから大丈夫だよ。」
くらいして決めておくことをお勧めします。

 合否の伝え方も先に決めておくと楽です。
駄目だった場合大泣きする子もしますし、わりとあっけらかんとしている子もします。でもあっけらかんとしているからといっても、ショックが無いわけではないので誤解しないでくださいね。
シッョクを受けない子などいません。ただ表に出すか出さないかの違いです。
本当は悔しくてたまらない子、泣きたいのをこらえて平気なふりをしている子もします。
こうしたとき叱っても何もなりませんし、慰めの言葉も逆効果になる場合が多いです。


        本番前の大切な打合せ


1.受験校を決める

今まで頑張ってきたあなたは沢山の学校に合格できるだけの実力と権利をもっています。ですが中学受験は受けなければ絶対に合格しませんのでどこを受けるかはとても難しい決断です。親に任せるのも良いし一緒に考えるのも良いですが悔いのない受験プランを準備してください。受験プランは・1日目が受かったときダメだったとき・125日の次点で届きそうなら…ダメそうならなど予め場合別けして考えておくと楽になります。

「ダメだったときのことなんて考えたくない。」と思う子もいるかもしれませんが君の受験です。 後から人のせいにするのはカッコ悪いので是非自分でも真剣に考えてみてね。



 

場合別けの条件

1

2

3

4

5

6日以降

Aプラン



 



 



 



 



 



 



 

Bプラン



 



 



 



 



 



 



 

Cプラン



 



 



 



 



 



 



 


2.
会場に向かうとき
試験会場に向かうときお母さんとどんな話をしながら向かいたいですか?
(問題を出して欲しい、リラックスさせて欲しい、笑える会話、勉強しながら向かうので話しかけないで欲しい、いろいろ頭の中で考えているのでこちらから話しかけない時は放っておいて欲しい など)


3
合格発表について
最近はインターネット発表も増えましたが、君はどうやって合格発表を確認したいですか。
(自分で見たいので先に見ないで欲しい、一緒に見たい、 会場発表の学校では~して欲しい)


発表に関して親に前もってお願いしておきたいことはありますか。


4合否の伝え方について
君が試験中に合格発表が行われる場合も少なくないと思います。その場合どのタイミングそしてどんな感じで合否を伝えて欲しいですか。


もしも駄目だったときはどんな伝え方や接し方を望みますか。

<合格祈願>

こちらのクリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。→
人気ブログランキングへ!



2017年01月18日

試験前日に渡す手紙2

前回に続き試験の前日に渡す手紙のお話です。
試験が迫ると、子どもの至らないところばかりが見えたり、あれもこれもやらせておきたくなってりする方は多いと思います。
もちろん弱点を埋めることは大切ですが、そこばかりに目が行ってしまうとお母さんのイライラが募るだけで点数は伸びないことも多いようです。
もしも弱点を埋める勉強をさせる場合は、不安やイライラしながら言うのではなく、ポジティブなそして成功イメージが湧く言い方をお勧めします。

この時期、自分の不安やイライラを押さえ、少しでも穏やかな気持ちで過ごせるようにするために、試験の前日に渡す手紙を準備することはとても効果があります。
 
実際に渡すか渡さないかは別として是非書いてみてください。
本日は手紙を書くにあたり私がクライアントのお母さんによく質問している質問を紹介しますてので、是非下記の質問に答えてみてください。出来れば紙に書き残してみるとなお良いです。

<<試験前日にお子さんに贈る手紙>>
① 中学受験を始めた切っ掛けは何でしたか?

② 受験を始めた当初に望んでいたことはどんなことですか?

③ 受験と言う目標を持ったからこそできた貴重な体験はどんなことですか?
 
④ お子さんが頑張ったこと、成長したこと感じるところはどこですか?

⑤ 一番苦しかったことはなんですか?

⑥ 一番の思い出は何ですか?

⑦ 中学受験したことを後悔するとしたらどんなときですか?

⑧ 合否に関わらず成功体験にするためにお母さんにできることは何です?

⑨ 中学受験であなたが常に大切にしてきたこと(軸)はどんなことですか?

⑩ 試験の前日お子さんに何て声をかけてあげたいですか?

⑪ 試験が終わった後合否に関わらず何って言ってあげますか?

⑫ 残り一カ月半どんなお母さんでいたいですか?

渡さなくても構いませんから、ぜひ『前日に渡す手紙』を実際に書いてみてくださいね。
きっと合格率アップにもお母さんの心の安定にも繋がると思います。
但し、子どもはお母さんが期待するほど感動的な反応はしないのが普通です。
「面倒くさい」 「後で読む」などぶっきらぼうに言われたりすることもありますが、必ず真剣に読んで(隠れてのときもありますが…)くれますし、素直に言えなくても心の中では喜んでいるものです。

<合格祈願>

こちらのクリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!
ご利益があるかも


2017年01月16日

試験前日に渡す手紙を準備する1

地域によっては既に受験が始っていますが、皆さん如何お過ごしでしょうか。
当日の受験だけでなく受験勉強をつたことも小学生にとっては大きなチャレンジです。そしてその経験をこれからの人生に繋げてあげられるかはお母さんの力量にかかっている場合も多いようです。
みんな絶対受かる学校を受けている訳ではなくチャレンジしているのでいから絶対合格とはいきません。
お母さんしては不安でしょうが、でもそんな中子どものチャレンジを認め応援する姿は素晴らしいと思います。
 お母さんとしては合格が一番気になるところだと思いますが、是非子どもの経験そしてチャレンジを良い経験としてこれからの人生に繋げてあげて欲しいと思います。

・一月中どんな声を掛けますか?
(頑張っているとき、サボっているとき、穴が見えているとき、子どもが不安になっているとき、自信をなくしているときなどなど)
・受験前日にどんな声を掛けますか?
・当日学校まで行く間試験前どう過ごしますか?
・終わった後なんて声を掛けますか? 次の日の受験にどうつなげますか?
・発表(合格だったとき、残念だつたとき)を見て何て声を掛けますか?

こうしたときにどんな声をかけてもらえるかで次の受験も中学生活大きな影響を受けます。
前もって色々考え引き出しを増やしておくことが良い声かけをしてあげる秘訣だと思います。

 私のセミナーでは(全てを練習できれはそれに越したことはないのですがそうもいかないので・・・)皆さんに試験の前日にお子さんに渡す手紙を書いてもらっています。 
本当に渡すかどうかは別としてもこの手紙を用意するだけでもとても効果があると私は感じています。
是非皆さんも用意してみてください。
次回は前日に渡す手紙を書くヒントになる質問を紹介います。
<合格祈願>
こちらのクリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!



2017年01月13日

効果的な勉強ができているか

この時期効果的な勉強が出来ている子は少ないものです。

あなたのお子さんは効果的な勉強が出来ていますか?

効果的な勉強が出来ているかを知る最も簡単な方法は
子どもと話しをしてみると子です。

本音が言える関係が保たれていれば、
「勉強は順調に進んでいる?」
と子どもが本心を打ち明けやすいイントネーションで尋ねてあげれば子どもは現状を言います。お母さんが不安そうな声で聞くと台無しになるので気をつけて下さいね。
お子さんが明るく
「多分大丈夫。」
「後は運だね。」
みたいに答えるのであればまず大丈夫です。

ここで大切なのは声と表情が明るいかどうかです。

子どもが明るくこうしたことを言うときは人事を尽して天命を待つという状態のときがほとんどなので信頼して、
「何かお母さんにして欲しいことがあったら言ってね。」
とこちらも明るく返すだけで十分だと思います。
「運なんて言わないの・・・」と言いたくなるお母さんもいると思いますが、意味がないのでやめてくださいね。

ですがこの時期明るく返してこれる問題のない子は3~4割くらいのものです。 
多くの子は心配そうに
「それがさ・・・」
と話してきます。
このときは一緒に対応策を考えるチャンスです。
この場合コーチング的な対応が最も有効に思います。お母さんが責任を感じてデシャバリすぎるとロクなことになりません。

まずは不安をしっかり聞いてあげてください。
そのさい、説得口調にはならないように注意してくださいね。 
お母さんと同じかそれ以上に子どもも不安なものなのです。話を聞いてもらうだけでもだいぶ楽になれるし、また頑張ろうという意欲も湧いてくるものです。
お母さんは子どもに成功イメージが湧くような話し方を心がけると前向きな話ができます。
 合否のことを話すだけでなく、ここまで頑張ってきた我が子を褒めてあげてどんな結果でも私はあなたが大好きということを伝えてあげるのも一つの手です。

どっちにしても、お子さんと本音が言える信頼関係が保たれているのなら効率的な勉強が出来ているかを見分けるのは簡単だし、効率的にサポートすることも可能です。

 ですが子どもとの関係が悪く、反発している場合は子どもに聞くという対応は難しくなります。

効率的な勉強ができてないと感じ、
「こうしてみたら・・・」
とお母さんが素晴らしい方法を提案しても反発している子は尚更そのやり方を受け入れないのが普通です。
後は無理矢理従わせるくらいしか手はありません。
無理矢理やらせるのは自主的にやるのに比べれば効率はかになり落ちますが、それでもこの時期なら無理矢理やらせるのも一つの手です。
ですがその場合はお母さんが責任をも持ってその子の役に立つ勉強を考えてやらせる義務が出てくると思います。
非効率的な勉強を無理矢理やらせているお母さんは結構多いですが、これだったら子ども信じて任せ、あまり関わらない方がずっとましです。

 お母さんも不安だとは思いますが負けないで下さいね。
選手(子ども)は不安なコーチや監督の下では力を発揮できません。
選手がきちっと能力を発揮できる状況を作ってあげるのがコーチや監督のよく目なように、お母さんも是非子どもの本来持つ能力を発揮できるようサポートしてあげてください。
こちらのクリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!


2017年01月10日

残り3週間の過ごし方

お母さんからの質問
「いよいよ残り3週間を切りました。残り少ない時間を有効に過ごすにどうすればよいでしょうか。」

地域によっては既に受験が始っているところもあると思いますが、
私の住んでいる地域(東京)では2月1からが本番なので残り4週間弱といったところです。
中には「今更足掻いたところでたいしたことは出来ない・・・。」
と思っている方もいらっしゃるかと思いますが、

私は今までの2年間の勉強はこの4週間の為にあるといっても過言ではないほど大切に思っています。

 学校の定期試験では一夜漬けをした経験を持つ方は多いと思います。
一夜漬けでも結構な量の勉強が出来るものです。まして4週間もあるのですから、これからでも成績を伸ばすことは充分に可能なのです。
 今子どもたちがやっている問題(問題集でも過去問でも)をもしも1年前にやろうとしたら多分何倍もの時間が掛かっていたと思います。
以前苦労して2ヶ月掛かった問題集も今やり直したら2日で終わってしまうという子も少なくないです。
逆に言えばこの4週間で今までやっていた4ヶ月分くらいの問題を解くことが出来るということです。
ですから是非この4週間を無駄にすることなく効率的に過ごして頂き対と思います。
 
 ですがこの時期に効率的な勉強をして過ごしている子は意外と少ないと感じます。
理由は何度もお話ししてきたように何をやったらよいかが判らない子が多いためです。


6年の前半までは塾のカリキュラムに沿ってやればまず問題はありませんが、この時期は人によってやるべきことが違います。
以前にも書いたように塾ではそれには対応しきれません。それは仕方のないことです。
なので何をやるのが最も自分に効率的であるかは自分で判断するか親もしくは誰かプロに教えてもらうしかないわけです。
トップレベルの子でも自分が何をやるべきかを正確に掴むのは難しいものですが、こうした子は先生との話し合いも出来るので、大抵先生と話しながら決めています。
中くらいの子では自分一人で判断することは尚更難しいです。
勉強が苦手な子となるとほぼ不可能となります。
出来れば信頼できる塾の先生と相談してスケジュールを決めるのがよいと思いますが、これもあまり勉強の得意でない子や先生と普段から話し慣れていない子には難しい注文なのです。(お母さんは「先生に聞いてらっしゃい」と簡単そうに言う場合が多いですけど・・・) 
 
 自分一人でしっかりと判断するのも難しいし先生に聞くのも難しいので、結局は自分であまり考えずにやることを決めてしまう、つまり非効率的な勉強に終始してしまう場合が多いのです。

そこでお母さんの役割ですが、
まずは効率的な勉強をしているかどうかを確認してみてください。

それが確認できれば次に打つ対応策も見えてきます。
ではどうやって確認するか?
については次回お話いたします。
こちらのクリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!


coach2016 at 09:17|PermalinkComments(0)