2024年04月17日

落とし穴2 

受験による弊害をおこすご家庭の陥るパターンは(落とし穴)は毎年決っているので、前もって落とし穴の位置をお母さんに伝えられたらきっと落ちる確率と手探りで歩く不安を減らせると思うのです。 
そんなわけで本日も中学受験の落とし穴を一つ紹介したいと思います。
でも
「私、もうやっちゃった。どうしよう」
なんて落ち込まないでくださいね。普通に接していたら大抵はしてしまうことばかりなのですから・・・。
これから気をつけるだけでも弊害を招く確率はぐっと減らせます。

落とし穴2 お母さん同士の情報に振り回される。
「あの塾はよくない・慶應に合格させたいならあの塾やあの先生が良いらしい・面接にはこの服で行かなければ駄目だ・寄付をすると点数を上乗せしてくれる。」
などなど間違った(事実ではない)情報が飛び交います。
声の掛け方や勉強法についても自分の子どもで上手く行ったことをさも「誰でもそうすれば上手く行くのよ。」みたいに親切の押し売りをする人も少なくありません。
一番厄介なのは、
「わたしは子どもの為にこんなにやったわよ。」
ということを強調するお母さんです。
自分が頑張ったから子どもが合格できたと思っているお母さんは結構多いものです。

そしてこうした管理大好きママ叱咤激励ママは噂を振りまくのも大好きママだったりしますし、子どもがさもそのお陰で合格できたようにしゃべるので説得力もあります。
例えば
「えっ、子ども一人で勉強させているの子どもは直ぐサボるんだからちゃんと側で見てないと駄目よ。私なんか毎日3時間つきっきりでみてたわよ。」
「えっ、まだクラブやらせているの私は子どもが泣いたけどきっぱり止めさせたわよ。」
「子どもは一人では計画的になんか勉強出来ないし効率的な勉強もできないんだから、ちゃんと計画をたててやらせなきゃ駄目よ。」
「自主性なんかに期待しないで厳しくしないと駄目よ。」
みたいに・・・。
これを聞いたお母さんは
「他のお母さんがそこまでしているなら私も少しは・・・」
と管理や叱咤激励を強めてしまうお母さんも少なくありません。
困ったことにこの管理や叱咤激励は麻薬みたいなところがあって一度やり始めると止められなくなってしまうようです。

こうした話を聞くとどうしても不安になりますし影響されそうになりますが、どうか負けないでくださいね。

 確かにガチガチの管理体制で合格する子もいますが、子どものポテンシャルからみればお母さんがもっと子どもの力を上手に引き出していたらより上の学校に受かってただろうなと思う家庭がほとんどです。

私は今までに何百人もの中学受験生とご家庭を見てきましたが、強烈な管理体制で受験をして上手くいったケースは2割にも満たないと感じます。半分近い家庭は受験の弊害(親子の信頼関係の崩壊、自信喪失、勉強嫌い、嫌々中学生活をおくるはめになるなど)で悲惨なものです。

でもこうした上手くいかなかった家庭のお母さんは、
「管理や叱咤激励だけでは上手くいかないわよ。」
とは言ってくれないので、お母さん方の間では「お母さんが頑張ってちゃんとやらせなきゃ受からない。」みたいな話が多くなってしまうようです。

お母さんは愛情と期待も大きいため、どうしても
「あれもやらせておきたい、これもやった方がよいのでは・・・。」
と思ってしまうし、それをやらせないと不安になったりします。
 受験を終えたお母さんも(第一志望に合格できなかった場合は特に)
「無理にでもあれをやらせておけばよかった、あの時こうしていればもっと良い結果が・・・。」
という思いが湧いてしまいますが、

 
無理にでもやらせれば伸びるのであれば私も無理にでもやらせます。
ですが実際は無理にやらせた場合、自主性をなくしたり消化不良をおこしたりして余計に成績が落ちるケースの方が多いくらいなのです。
ここが中学受験の難しいところです。


coach2024 at 13:41|PermalinkComments(0)中学受験ガイド 

2024年04月15日

中学受験の危険行為(落とし穴)

 危険地帯を知っておくことはガイドの最低条件です。
ガイドが危険地帯を知らないのでは話になりません。
中学受験で弊害を招くご家庭のパターンは毎年決まっています。
ですが知らないとついついやってしまうことも多いので。
そうした弊害を招く可能性の高い危険な行為を私は中学受験の『落とし穴』と呼んでいます。

あなたは落とし穴の位置を知っていますか?

落とし穴の位置を事前に知っていればハマる人は減ると思うのです。
ということで本日からは中学受験の落とし穴を紹介してみようと思います。

ただ中学受験では絶対の正解もない代わりに絶対の間違いもありません。
なのでその接し方は弊害を招く危険性が高いと言う方法でも上手くいってしまうこともありますので絶対ダメと言うわけではありません。


落とし穴1 叱りすぎ

人は美味しいものを食べればまた食べたくなります。
良い思いをすればまたやりたくなるし、嫌な思いをすれば嫌いになります。
叱られながら無理矢理勉強させられれば大抵の子は嫌いになります。

子どもを勉強嫌いにしてしまう、自主性を奪ってしまうのは、間違った叱り方によるところが大きいようです。

 中学受験をしていると愛情と期待も大きく「もっと頑張ってほしい」と思うあまり、ついつい叱りすぎてしまうようです。
叱る事は必要ですし決して悪いことではありませんが、方法を間違えると子どものやる気や能力の低下を招くばかりか、悪循環を招き信頼関係を崩すことにもなり兼ねません。
 確かに怒鳴ることは即効性があります。
ですが怒鳴って勉強をやらせると、下記のような悪循環に陥るケースが多いようです。 

                叱りすぎによる悪循環
子ども側:
 
勉強・宿題をやらない→叱られる→いやいややる→勉強が嫌いになる →余計に解らなくなる→ますますやらなくなる 
 
                                                  
お母さん側: 
叱る→叱られないとやらなくなる→負担が増えストレスも溜まる →ますます子どもを叱る!  
結果 
子どもはお母さんのことを味方だとは思えなくなり、本音を話せなくなる。叱られてもムッとするだけでお母さんの言うことや、アドバイスも聞かなくなるり結果お母さんは叱るしかなくなる。 

 子どもだけでなく人はみな叱られることは嫌なことなので、叱られれば嫌々でも言うことをききます。
ですがそれは鞭打たれ仕方なくやっている・やらされているのか変わりありません。 
こうした罰の恐怖でやらせておいて自主性を求めるのはどだい無理な話です。 指示命令を受けて行動している人は次第に自分で考えることを放棄していくのが普通です。 
色々考えて良かれと思って出した答えや行動を、
「何で言われたとおりに出来ないの、まったく。」
などと一回でも一刀両断にしようものなら考えるのを放棄するか、お母さんから逃げ出すかしか手がありません。

叱ってやらせると大抵は嫌いなります。  
これは勉強だけでなく、片付けや、歯磨き、などの生活習慣にも言えますし、ピアノなどの習い事にも言えます。
「勉強しなさい。」「片付けなさい。」と怒鳴ることは
「勉強を嫌いになりなさい。」「片付けを嫌いになりなさい。」と言っているのと同じようなものなのです。

悪いことをしたときには怖いくらい叱ってもOKですが、
何かをやらせるために叱るのは極力避けることをお勧めします。


確かに叱ることは即効性がありますが、叱らなくても子どもにちゃんとやらせる方法はいくらでもあります。 どうかお母さんが叱らないでも子どもがやる方法をいっぱい身に付けてください。
このブログの中にもその方法を随時紹介していきたいと思っています。



coach2024 at 13:38|PermalinkComments(0)中学受験ガイド 

2024年04月12日

セミナー参加者の声

『お母さんのための中学受験セミナー』に参加してくださった方からの感想が数多く届いているので紹介したいと思います。

<A.Uさん 六年男子の母>
月に1回なので、忙しすぎず、間も空きすぎずで参加しやすかったです。
花岡先生をはじめ、一緒に講座を受けてるお母さんからもアドバイスやエネルギーを毎回いただき、セミナーに参加した後、数日は自分のテンションが高かったです(笑)。
いろいろためになることを教えていただきましたが、特に心に残っていることは「受験の軸をもつ」「親が子供にしてあげたいことと子供が親にしてもらいたいことは違う」ということです。
知らず知らずのうちに、偏差値が少しでもいい学校に行かせたいという考えに支配されていましたが、6年の夏の講座で「あなたの受験の軸は何ですか?」との問いかけに、受験を始めた4年のころの自分の軸を思いだし、偏差値に支配されていた自分に気がつくことができました。
また、自分が子供にしてあげたいサポートをすれば自分は満足しますが、子供側にたって考えてみるとそれは親の独りよがりのサポートだったのだと思う事があり、だから子供は素直に私のサポートを受け入れなかったのだなと気づかされました。
中学受験勉強は4年になる2月から始められる方が多いと思いますが、この3年間は子供が大きく成長する時と重なり、親子関係も変わってきます。また、山あり谷ありの3年間はとても長く感じられ、本当に受験勉強の終わりは来るのだろうかと弱気になることも多かったです。が、なんとか乗り切ることができたのは、こちらの講座に参加していたからだと思います。
花岡先生、皆さん、ありがとうございました
役に立ったことベスト3
No1 相談するところができた                      
No2 ガス抜きができた                      
No3 上の学年のお子さんをもつお母さん達を見て、来年の今頃は自分はこんな感じなのかと想像することができ、実際子供が6年になった時、その時のお母さんたちの気持ちが本当に理解でき、私だけじゃないんだ、みんな同じような道を歩んでいるんだ、と自分を慰められた。


<S.Hさん 6年女子の母 >
親子ともにメンタルが弱かったので、セミナーに参加することで、先の見通しを持ったり、お母さん方と励ましあったりすることができ、我が家の受験には必要不可欠な場でした。
第一志望校は残念な結果でしたが、反抗期真っ盛りの子供と仲良く二人三脚で受験を終えられたことは一生忘れられない良い思い出になると思います。
何らかの意味で親子ともに成長できる受験にできるよう頑張ってきましたが、子供は、第一志望不合格を自分なりに反省し、進学先での中学生活を楽しみにしているので、充分成果はあったと思います。
本当に長い間、ありがとうございました。
役に立ったことベスト3
No1  この先に何が起きそうかの見通しが立ったこと                     
No2  視野が狭くなりがちな時期だったので、客観的に受験をとらえられたこと
No3  同じ立場のお母さん方と変なしがらみなく交流できたこと
  

<H.Tさん6年男子の母>
このセミナーなくして我が家の中学受験は成り立たなかったと思います 。
12歳というまだまだ不安定な小学生の受験はとても特殊で そのことを心おきなく話せる仲間に出会えた貴重な場でもありました。
 母親としての役割りは日常 余り認めてもらったり 褒めてもらったりする機会がないですが 、このセミナーで花岡先生に認めて 頂き 応援して頂くと 嬉しいかったので 子どもにも同じように接する大切さを知りました。
 学年が上がるにつれ 受験生の母として気が付くと視野が狭くなりがちになので毎月セミナーに伺い 自分の視野を広げ 心にゆとりがもてるよう心がけました。
 受験が間近になった頃 先生からの応援の詩を頂き 冷蔵庫に貼り毎日それを見て 自分を奮い立たせていました 。
そして もう1つ 間近に困ったことがあれば いつでも相談に乗ります と連絡頂いた時は どれだけ心強かったか 決して忘れることはないと思います。
役に立ったことベスト3
No1 コーチングとは何かを知れた                  
No2 子どもに笑顔で接することの大切さ                   
No3 子どもは大人が思うよりずっと強い 。


<K.Tさん6年女子の母>
本当にお世話になりました。
おかげさまで受験をとおして母娘成長の機会をいただきました。
娘においては受験が一つのステップとなり「もっとやれる、やりたい」という気持ちがぐ~んと開けたように思います。
実際2月2日は姉とカラオケで気分転換していましたが、それ以降は受験前と変わらず(量は減りましたが)やる事リストをつけ一定のペースで勉強をつづけています。
しかも自主的に!個別指導塾も続けたいと希望しておりますので算数と英語を受講しており楽しんでいるようです。結論からしてとてもいい受験をさせていただきました。
ぎりぎりのところで先生と出会いをいただき家庭教師を受けていただけた事がターニングポイントだったと主人とも話をしております。あらためて御礼申し上げます。  

<N.Kさん5年女子の母>
 たいていの講座は単発で終わることが多いので、先生の話しを伺った時、「は~なるほど。良いお話でためになったわ~。」と当日は感動していても、家庭で実践できるかと言えば、出来ないことが多いです。
しかし花岡先生の講座は月に1回というペースなので、内容が定着出来ます。
講座(パワーいただく)→家で実践→だんだん忘れる(パワーもなくなる) →講座(またパワーいただく)の繰り返しが良かったと思います。実践的でコーチングが身につく講座で、自分自身が成長しました。
今年も引き続き宜しくお願い致します。   
役に立ったことベスト3
No1 毎月、花岡先生にお会いでき、元気なパワーをもらえたこと                      
No2 一流の人とそうでない人の違いで、やめたいところでやめないで、ちょっとだけがんばる習慣がついたこと
No3 子どもの前で、笑顔でいること、子どもを信頼して待つことの重要性が少しだけ身についたこと 


<来年度オープニングセミナー>
来年度に向けたセミナーを4月18日(木) 4月19日(金)に開催いたします。
詳しい内容につきましては前回のブログをご覧ください。
申込方法 参加申し込みは こちらのフォーム よりお願い致します。
    (定員となり次第締め切りとなりますのでお申し込みはお早めに)

<お願い>
クリックよろしくお願いいたします。→にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!


coach2024 at 16:18|PermalinkComments(0)中学受験ガイド 

2024年04月10日

今年度最初のセミナー

新学期かも始まりましたが
お子さんそしてお母さんは元気に過ごしていますか。
良い春期講習は過ごせていますか?
成績は順調に伸びていますか?
順調の場合は放っておいても大丈夫ですが、

伸び悩んでいる場合は塾や子ども任せでの改善は期待できません。
改善するにはお母さんのサポートがどうしても必要です。


あなたは良いサポートが出来ていますか?
子どもの成績とやる気を伸ばしてあげていますか?


今年度も4月より
『お母さんのための中学受験必勝セミナー』をスタート致します。
オープニングセミナーとして
『中学受験を成功に導く10の秘訣を大公開』
を下記の日程で開催致します。

今回は初めての方も参加しやすいように無料での開催と致しました。

今年度も悔いのない良い受験が出来る家庭が一組でも増えるよう私も出来る限りサポートして参りますので宜しくお願いします。

今回のセミナーでは私が中学受験30年の経験と千人以上の親子と関わってきた経験から
・やる気と成績を伸ばす秘訣
・中学受験をする上で親が絶対に知っておくべきこと
・伸びると伸びない子の違い
・受験を成功に導くお母さんの共通点
・お母さんの力で成績を伸ばす方法
            など

中学受験をお考えのお母さんには必ず知っておいて頂きたいポイントをわかりやすく10個まとめてお伝えします。
そのポイントをお母さんが知っているかどうかで今後のお子さんの成績ややる気に大きな差が出ます。


6年生はもちろんですが早いうちに知っておくことがお得な内容でもありますの で3~5年生の間に参加されることがお勧めです。
一度聞いた方も学年が変わりもう一度聞くことでより多くの発見があるようです。

今年度は会場開催も行います。
会場でのセミナーはZoom以上の気づきがありますので可能な方は是非会場にお越しください。


<<オープニングセミナー日程>>
4月のセミナーは参加しやすいよう普段は1800円のところ無料に致しました。
今回はZoomセミナーを2回と会場セミナー1回を行います。


<会場セミナー>
4月16日(火) 9時45分~11時50分 大井町会場 (大井町駅徒歩1分)

<Zoomセミナー>
4月18日(木) 10時00分~11時45分 Zoom
4月19日(金) 10時00分~11時45分 Zoom


料金…オープニングセミナーにつき全日程無料です
今年度のご参加心よりお待ちしています。


<お申込み方法>
お申込みはこちらのフォームよりお願い致します。

新学期で予定も立て難い時期だとは思いますが、悔いのない受験をするため、そしてお子さんの将来のために是非ご参加ください。
会場開催は人数に限りがあります(先着15名)のでお申込みはお早めに。

クリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!


coach2024 at 16:16|PermalinkComments(0)

2024年04月08日

中学受験は長く険しい旅

中学受験は言わば長く険しい旅、登山のようなものです。
上り坂ですから疲れるし、霧の中に迷い込むこともあれば、危険地帯もいっぱい潜んでいます。
この道を小学生一人で旅させるのは無理があります。
やはりお母さんのサポートは欠かせません。
お母さんはこの長い険しい旅を一緒に歩きながらガイドの役目も担うことになります。 

 素敵なガイドに恵まれれば、旅は安全で楽しいものになりますし、 無駄な時間や労力も省け、その分素敵な体験や成長に費やせます。
 ガイドが悪いと大事なポイントを見逃したり、嫌々歩く羽目になったり、ときには危険な目にあうことさえあります。



「もっと早く歩きなさい。そんなペースじゃ日が暮れてしまいますよ。いいんですか。」
とガイドに怒られながら歩く旅は如何ですか。
一時は少し速足になるかもしれませんが、
長い旅をこのガイドさんと歩きたいと思うでしょうか?
お母さんがダラダラしている子を見て「早くしなさい、また終わらなくなるわよ。」と言いたくなる気持ちは私も痛いほどわかりますが、長い旅はあまり効果的でないことはお分かりいただけると思います。
そうなんです、

こうしたとき感情まかせに言うだけではガイドは務まりません。
相手を楽しく自分の足で歩けるようにするテクニックが必要なのです。
あなたは上手にガイドしてあげられそうですか?


ガイドが道を知らないのでは話になりません。 中学受験は初めての経験の方も多いと思いますが、それなら尚更地図などを見て勉強し我が子に合ったプランを事前にしっかり立てる必要があると思いませんか。

 私のセミナーに参加した方が悔いのない受験をして頂ける確率が高い(95%以上)理由は、 事前に道や注意点を知り、どう案内していこうかをしっかりと考えてサポートした結果だと思うのです。
4月には4月の大事なほポイントがあるし、
7月なら夏期講習の過ごし方のポイント、
9月以降はさらに大切で、
9月は9月病(やる気が落ちたり、成績の伸びなくなる子が沢山でる)の正体や回復法、塾の授業やテストの変化への愛王などなど、
10月なら過去問の取り組み方とお母さんに出来ること、後悔しない志望校選び。
などその時その時に合わせここだけはしっかり押さえて(意識して)サポートするべきポイントがあるのです。
少なくともそのポイントを知り事前に準備して臨むことがガイドの責任だと思います。

つまり、
しっかりと道と危険地帯を知った上で、お子さんと家庭の事情を一番知っているお母さんが我が家に合ったガイドプランを事前に立てて望むことが悔いのない受験をする秘訣であり、成績と合格率アップの秘訣なのです。
 


<協力宜しくお願いいたします。>
クリックが多くなるとその分多くの方に読んで頂くことができます。
中学受験で悩んでいる沢山の方に読んで頂きたいと願っています。
クリック協力よろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!



coach2024 at 13:24|PermalinkComments(0)中学受験ガイド