2019年01月31日

必ず成功体験に

長かった中学受験もいあと僅か。 
受験ではその日の点数にて合否が決まります。 
不合格だと全てを否定された気になってしまいますが、本当はそうではありません。
今までの頑張りや経験そこから得た掛け替えのない体験と成長は合否で変わるものではありません。
みな中学受験をしたことで沢山の経験と成長をしてきたことと思います。

中学受験を完走されお子さんそしてお母さんは誰もが勝者だと私は思います。   
折角これだけの時間とお金と労力を傾けた中学受験なので必ず成功体験にしてあげて欲しいと思います。
それは中学受験生をサポートする親の義務だと思います。 

「今回失敗したのだから中学に入ったら頑張ろうね。」
と奮起を促すお母さんもいますが、上手く行った話は聞いたことがないので止めることを推薦します。
これだけ頑張ったのに失敗体験で終わってしまうと、
「頑張るのは無駄」
という思いが芽生え、今後頑張りのきかない子になってしまうことさえありますので気を付けてください。

第一志望に合格された方は放っておいても成功体験になりますが、そうでない場合でも是非お母さんの心で子どもが成功体験だと思えるようにしてあげてください。 
そのためにはお母さん自身が結果を受け止め「受験してよかった。」と心から思えるかが鍵です。

もちろん「もう少しやらせておけば…。」「ある時こうしておけば…。」と思うことはあると思いますが、
でも中学受験は「もっとやらせておけば合格率があがる。」という単純なものではないのです。

もしそうなら私も苦労はしません。 
お母さんが結果を悔やんでいたり後悔していると必ずその気持ちは子どもに伝わってしまいますので気を付けてくださいね。
お母さんが結果を受け止められないでいると折角の経験と合格が台無しになってしまいますし、お子さんが気持ち良く中学に通えなくなってしまう場合もあるので気を付けてくださいね。

どんな結果であれ前向きに受け止められるお母さんが側にいればお子さんは絶対に大丈夫、
総てを掛け替えのない経験に変えて成長していくと私は信じています。
 

すんなり第一志望に合格することも素晴らしいことですが、何度も悲しい思いをしてそれでも頑張って合格を勝ち取ることも素晴らしいことです。 
子どもの成長だけを考えれば後者の方が成長に繋がるとさえ思えるくらいです…。  
いくつかの学校に受かりどこの学校に行こうか悩む方もいます。
この場合は家族みんなで良い話し合いをしてください。 
折角の贅沢なそして幸せな悩みですのでケンカなどせず楽しんでくださいね。
中学受験のゴールは一つの通過点でしかありませんが、折角の機会ですから、子どもの成長したところと承認をいっぱい伝えてあげて欲しいと思います。

<お子さんへ>
中学受験を全力で頑張ってきた子も少し手を抜きながら頑張ってきた子も、みな本当に立派だったと思います。
その努力と頑張りは絶対に無駄にはなりません。
君はもう既に沢山の掛け替えのない経験と成長を手に入れているのです。

ここまで走り切った子たちは既に勝者です。
自信を持って受験に望んでください。 
もちろん第一志望に合格出来ればそれは素晴らしいことですが、そうでない場合も負い目など感じずに胸を張ってください。
なぜならそれはすんなり入れる学校で妥協せずチャレンジしたからの結果であり、その努力と勇気は誇りに思って良いことだからです。 
君はどんな結果でも人のせいにすることなくしっかりと受け止め、楽しい中学生活につなげられるかな?
もし「大丈夫だよ。」と答えられるならもう君は既に本当の勝者です。
必ず素敵な中学生活が待っています。

<合格祈願>
こちらのクリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!




coach2016 at 01:27|PermalinkComments(0)

2019年01月30日

何とか合格させてあげたい

県によってはもう試験が終了したところもありますが、東京や神奈川では2月1日からが本番です。
皆さん如何お過ごしですか。

お母さんの笑顔は減っていませんか。
お母さんの笑顔は子どもの心にも成績アップにも特効薬です。

 とってもとっもて頑張ってきた子もそれなりに頑張ってきた子も、遊びたいことを我慢したり嫌な思いも乗り越えて本人なりに今までとっても頑張ってきたのだと思います。
お母さんから見れば「もっと出来たんじゃないかと」思いはあるでしょうが、受験をしない小学生からみればその差は歴然です。

私からのお願いをもう一つ
 「もっと無理にでもやらせておけば…。」
と思うこともあるとは思いますが、それは短絡的な考えなので思わないようにして欲しいと切に願います。 短期であれば無理にやらせることも可能ですが受験のような長期戦は自主性なしには伸びないのです。私は今まで無理にやらせて子どもを潰してしまったケースを嫌になるくらい見てきています。

 この時期に 「もっと無理にでもやらせておけば…。」と思うことは親が後悔している気持ちを持っているということで、それは必ず子どもに伝わり、折角の成功体験が台無しにしてしまいます。時には受験をとうして得た沢山の体験すな無駄なものにしてしまうことすらあります。

 折角ここまで頑張って来たのだから何とか合格させてあげたいという気持ちは痛いほどわかりますが、この気持ちが強くなればなるほど不思議なことに子どもの点数は下がるものです。 
 お母さんが絶対合格させてあげたいという気持ちをが強過ぎると、これもやりなさいあれもやりなさいと消化不良に追い込んでしまうし、子どもがやっていることにももっと頑張りなさいという態度で接し、子どもの頑張りを承認してあげられなくなってしまったりします。 そして子どもをなんとかしようと思えば思うほど子どもほ追い詰めるし自分の不安も強くなってしまうものです。

 ほとんどの子は自信を持って元気に(出来れば楽しんで)やっているときが一番力を発揮します。 お母さんからの強い思いは大抵の場合プレッシャーとなり萎縮に繋がりひらめきを鈍らせた応用力が低下します。またケアレスミスが増えてしもう傾向もあります。この時期に出来るはずの問題が出来なくなっていると感じる子のほとんどはこうした心の問題のようです。 この場合どんな勉強をやらせるかを考えるよりも心を安心させて成功イメージが湧くようにしてあげるほうが遥かに効果的です。

そしてこの「何とか合格させてあげたい」という強い思いは、もしも合格できなかったときに取り返しのつかないダメージをを子どもに与えてしまいます。

 どんな結果が出るにせよ子どもが
「受験をしてよかった。」
と思えるように接してあげることがお母さんの今一番大切な役割だと思います。

そのためにも今まで頑張ってきたことを心から承認し、あなたが大好きということを言葉だけでなく表情や態度で伝えてあげて欲しいと思います。
そのためには今の時期にお母さんが笑顔でいることが大切です。
「今まで頑張ってきてくれてお母さんはそれだけでも本当に嬉しいんだよ。」
という思いがあれば自然と笑顔でいられるものです。
子どもはこうした表情にとても敏感です。
この時期怖い顔をしていたり不安な顔をしていたり第一志望校の話ばかりしていると試験終了後に上記のような言葉をかけてあげても子どもの心には届かないので気をつけてくださいね。

<合格祈願>
こちらのクリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!


2019年01月28日

成功の反対は失敗で何もしないこと

合格を見るのは嬉しいですが、不合格の発表を見るのは子どもも親も辛いものです。
不合格だった場合上手な声かけどころか、お母さんの方が落ち込んでしまい感情的なことしか言えなくなってしまうケースも結構多いです。これは子どもへ悪影響になり兼ねません。

 あなたはどんな言葉をかけてあげますか?

 合格発表を見た後の接し方声のかけ方はお子さんの性格や今までの関わり方によっても違ってくるので絶対の正解はありません。
子どもの性格も事情も一番知っているのお母さんだと思うので、お母さん自身が考えるのが一番だと思います。 
そこで今日は我が子にあった声かけを考えるためにお母さんにいくつか質問してみたいと思います。

お母さんは受験をさせてよかったと思うことはどこですか。5つ聞かせてください。

お母さんが受験をしなければよかつたと思うことを聞かせて下さい。


子どもはこの一年をどんなふうに感じている
と思いますか。

お子さんにどんな人間に育って欲しいですか。

受験が全部終わったら子どもになんて言ってあげたいですか。


是非考えてみてください。
最近はインターネット発表を行う学校が増ました。以前は子どもが他校を受験している間にお母さんが発表を見に行く事が多かったので帰ってくるまでに冷静になる時間や言葉を考える時間が取れましたがインターネット発表では子どもと一緒にみる場合も多く、事前に考えておく必要性が高くなったと感じます。
 合格していた場合は良いですが番号がなかった場合にどんな声かけをするかによって次の日の受験にも影響してしまいます。

明日元気に受験に臨めるように意識して接してあげたいものです。
叱って発奮する子もいるでしょう。
前向きなお母さんを見て頑張る子もいるでしょう。
放っておいても大丈夫な子もいるでしょう。

子どもの性格や家族の状態によって違うと思いますが、
喝を入れるにしても、慰めるにしても、ぐだぐだ長く話すことと、過去の反省を促す話をすることは止めた方が良いようです。


「あんなに頑張ってきたのにね」
みたいな言葉は悲しみを深めることが多いので推薦しません。
「明日頑張ればいいじゃない」
みたいな「こうすればいいじゃない。」という言い方は自分を理解してくれてないように感じる子が多いのでこちらもあまり推薦できません。

結果が悪かったときはあまりしゃべりたがらない子も多いので、その場合は無理に会話をしようとせず、
「明日に向けて勉強しよう。」
と勉強させてしまうのも一つの手だと思います。
勉強させることで一旦落ち込みから目を逸らすと、元気になる場合も多いものです。
この場合叱りながらではなく明るくはっきりとリードしてあげると良いです。難しい問題は避け自信を付けさせてあげるような勉強がよいかと思います。

我々コーチは 

「成功の反対は失敗ではなく、何もしないこと。」

という言葉をよく使います。
何もしなければ失敗もしないかわりに絶対に成功もしません。
失敗は成功の母です。 失敗は総て経験として次えの成功の糧となります。
受験に立ち向かい、実際にこの何年かを頑張り抜いただけでも素晴らしいことだと私は思います。 
受験しない子の何倍も何十倍も勉強してきたし、嫌な思いも乗り越えてたきただろうしたくさんの経験もしてきたと思います。
皆が勝者だと思います。
総ての経験が子どもにとってプラスとなるように我々大人がしっかりサポートしてあげたいと私は思います。

そして子どもだけでなく総てのお母さんにも受験してよかった。チャレンジしてよかった。
と思ってくださることを願ってやみません。

<合格祈願>
こちらのクリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!




2019年01月24日

合格発表を見たときの声かけ

本日の質問
合格発表(合格のとき、ダメだったとき)を見たときどんな声をかければ良いか悩んでいます。

東京神奈川の中学受験は2月1~6日ですが、千葉や埼玉は一月受験が多いです。あなたがお住まいの地域はいつが受験ですか。
合格発表を見るのは楽しみでもあり不安でもあります。
子どもたちもお母さん同様、合否がとても気になり不安になっています。
ただ顔つきや態度には表さない子もいて、その表情を見ていると『真剣味に欠けている』と感じるお母さんもいると思いますが、
そうではありません。とっても不安だしなかった時のショックはどんな子(へらへらしてたり態度にづさなくても)も大きいのです。 


表情と真剣味は比例しません。
 悲壮感漂った表情をしている場合は危険信号と受け取った方がよいかもしれません。
自己採点が今一だった子や何校か不合格が続くと尚更不安でたまらなかったりします。でも子どもたちその不安を乗り越えて一生懸命次の受験に挑んでくれます。
駄目出しをしても心配だけしても何にもなりません。

 そしてもう一つ中学受験においては『受験後のフォロー』もお母さんの大切な役割です。

 受かった場合も不合格だった場合もどのように接しコミュニケーションを取るかはとても重要です。
その取り方によって折角の合格も味気ないものになるし中学生活の意欲にも直結します。不合格だった場合は尚更です。

第二希望や滑り止めの学校に行くことになる子にとっては尚更お母さんの声のかけ方が重要です。声のかけ方次第で受験が素敵な経験になるかどうか、気持ちよく中学生活が送れるかどうかは大きく変わってきます。

 「今から落ちたときの準備なんて、縁起悪いし出来ない。」
と思う方もいらっしゃると思いますが、咄嗟にはなかなか良い言葉は思いつかないものなので是非合格発表を見る前に考えておいて下さい。
そのときの親の接し方や言われた言葉は子どもはず~と憶えています。
言い直しは聞かないのが難しいところです。

本当は言葉というよりもどんな心で接するかが重要です。
あなたはどんな心を持って試験発表そして子どもと向きあいますか。


是非考えてみてください。
そして必ず成功体験にしてあげてください。
つづく


<合格祈願>
こちらのクリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!




coach2016 at 00:44|PermalinkComments(0)Q&A 

2019年01月22日

不安でたまらない

本日もお母さんから質問にお答えします。
お母さんからの質問
「もしも合格できなかったらと思うと不安でたまりません。」
「もしもインフルエンザになってしまったらと思うと不安で眠れません。」


中学受験をしている限り不安は無くなりません。
とっても頑張っている子どもを見てきたお母さんは尚更です。
お子さんを愛していればそして期待をしてるからこそ不安は無くなりません。
不安は無くなりませんが表に出さない強さがあれば大丈夫です。

お母さんは不安に負けていませんか?

今までも不安を軽減させる方法についてお話してきましたが、一番のポイントは『子どもの未来を信じる』ことのように思います。
 今まで出会ってきたお母さん方をみても、受験日が近づいてもどっしりと構えているお母さんの多くが、子どもの将来を信じている方だったように思います。

我が子はたとえ第一志望に合格できなくてもそれを良い経験として受け止め立派に成長していくから大丈夫。
どこの学校に入っても大丈夫。
途中挫折を味わう事もいじめにあうこともあるかも知れにないけど、そんなときでも私が元気になるまでしっかり支えるから大丈夫。

といった気持ちを持っていたように思います。
もちろん合格させてあげたいという気持ちは皆さん同じですが、こうした子どもの未来を信じる気持ちを持っているお母さんの子は、
お母さんもお子さんも人事を尽して天命を待つといった気持ちでテストに臨めるようです。

 オリンピックに出場する子のお母さんの気持ちもきっとこんな感じなのではないかと思います。 
どんな結果であれ今まで頑張ってきた我が子、そしてオリンピック出場を果した我が子を誇りに思い迎えると思うのです。もちろん結果がよければそれに越したことはないと思いますが、周囲の人がそれをどんなに気にしても結果に拘らずがんばった我が子を迎えてくれるのが家族のように思います。
そしてそういう家族がいるからこそ安心して力を発揮できるのだと思います。
「負けたら帰る場所はないぞ。」
とプレッシャーをかけるたげで勝てるのならみなんなそうするし誰も苦労はしません。

 な~んて今だから言えますが、私も若い頃は何とか合格させてあげたいと必死になり、子どもにプレッシャーをかけてしまい実力を存分に発揮させてあげられないような直前指導をしたり、最後にあれもこれもとやらせようとして消化不良のまま会場に行かせてしまっていました。 
今になって思うと本当に悪いことをしてしまったと反省しますがそのときは子どもに良かれと私も必死だったのです。
必死になること熱くなることが子どもにプラスになれば良いのですがそうは行かないところが中学受験の難しいところだと思います。(中には上手くいくケースもありますが・・・)

長年中学受験に関わっくる中で、本当に子どもは強いんだということを知りました。周りの大人がしっかりしていればそして良い対応をしてあげれば子どもは現実をしっかりと受け止め明日に繋げていく力を皆持っています。

・子どもはお母さんが思っているよりずっと強いから大丈夫。
・子どもは期待を裏切ることがあっても信頼は裏切らないから大丈夫。
・子どもはどんな場所でも楽しみをみつけ元気に生き 抜く力を持っているから大丈夫。
・子どもは結果を受け止め明日に繋げていける力を持っているから大丈夫。
・中学受験は通過点、通過点が多少ズレても目指すゴ ールへの道は繋がっているから大丈夫。
・どんな結果であれ受け止め、いつも味方でいてくれるお母さんが側にいれば絶対に大丈夫。

私はそう信じています。
お母さんの不安は子どもに余計なプレッシャーをかけてしまいます。
どうか不安に負けないでよいサポートをしてあげてください。

<合格祈願>
こちらのクリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!




coach2016 at 00:51|PermalinkComments(0)Q&A 

2019年01月20日

朝方に変える

本日はこの時期お母さんからよく聞かれる質問にお答えしてみようと思います。
今回の質問は
「我が子は夜遅くままで勉強をいていわゆる夜型になっていると思うのですが試験日に向け朝型に変えていった方が良いのでしょうか。」

浪人生の大学受験生などは朝方まで勉強して昼起きるという人もいるので、この場合は試験日に合わせ朝型にシフトさせた方がよいと思いますが、小学生の場合は学校があるので普段も朝6~8時には起きていると思います。こうした場合は習慣を無理に変えないでも大丈夫なように思います。 睡眠時間が6時間くらいでもそれが習慣化されているのであれば後2週間くらいは心配しなくても大丈夫だと思います。

 スポーツ選手では試合の5時間は前に起きていないと万全の状態で望めないという話を聞きますが、勉強では2~3時間もあれば十分に思います。 
受験校によっては当日は普段より少し早く起きる必要がある場合もあると思いますが、それでも1時間くらいだと思います。
1時間くらいなら当日だけ早く起きれば問題ないです。

なので小学生の場合よっぽど夜型になっている子以外は、無理に朝型にシフトさせるより普段どうりしているのがよいのではないかと思います。

習慣で言えば朝食はとった方が絶対によいので、なるべく普段から朝食をちゃんと食べる習慣は付けてあげた方が脳のためにもよいと思います。

 受験生とは言っても小学生なので出来れば7時間は睡眠時間を確保してあげたいと思いますが、子どもによっては勉強を中途半端にして寝かすとかえってストレスになってしまう子もいるので難しいところです。
「ちゃんと寝ないと頭が働かないのよ」みたいに子どもに言うのはこの時期は避けた方がよいようです。何故なら当日寝付けない子もいますのでその場合こうしたことを普段から言っているとマイナスの暗示がかかってしまいます。
なので
「横になってるだけでも頭は休めるし寝ているのとそんなに変わらないらしいから心配しなくても大丈夫だ。」
くらいに言っておいた方がリスクは抑えられると思います。
でも眠れない子でも、大抵は1時間もしないうちには寝てしまうようなのであまり気にしなくても大丈夫かな。


 子どもの健康はとっても気になるところではあると思いますが、寝ろ寝ろといって寝れるものでもないし気にし過ぎると余計風邪をひいたりするので、大きな気持ちで
「寝れなくてもちょっとくらい風邪気味でも脳にはあまり影響ないから大丈夫よ。」とお母さんが大きな気持ちでサポートしてあげるのがよいかなと私は思うのですが、如何でしょうか。

<合格祈願>
こちらのクリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!


coach2016 at 01:24|PermalinkComments(0)Q&A