2019年03月31日

2019年度スタート

新学期が始まる季節となりました。
このブログも今日からはまた新たな気持ちでスタートしようと思います。
今年からタイトルを

『お母さんの力で成績アップと受験を成功に導くブログ』
と題し、

・成績アップにつながるサポート
・成長につながるサポート
・悔いのない受験をするためのサポート
そして
・受験生を持つお母さんの不安やストレスが軽減できるよう。
・折角頑張っているお子さんとお母さんの頑張りと努力が良い結果に結び付くよう
・受験の弊害に苦しむ家庭が少しでも減るよう。
・子どもの能力とやる気をもっと引き出せるよう。
・お母さんの力で成績を上げる方法を沢山伝えられるよう
中学受験を成功に導くために、お母さんにできることについて塾講師&家庭教師の経験とプロコーチの2つの視点からお伝えしていこうと思っています。

今年度は子どもの能力を上手に引き出し中学受験を成功に導いたお母さん方の共通点、
一生懸命だけど結果としてお子さんの足を引っ張ってしまったお母さんの共通点
を紹介しつつ進めていきたいと思っています。

昨年まで読んでくださっていた方も、そして今年が初めての方にも、少しでもお役に立いるよう頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。

本日は私が中学受験生を持つお母さん対象のセミナーやこのブログを書き始めた訳についてお話してみようと思います。

 私は現在はプロコーチをしていますが、コーチになる前はず~と塾講師をしていました。今も家庭教師はしているのでもう30年以上現場で中学受験に関わっています。
現場で関わっていていつも思うことは、
「中学受験を目指している子どもたちは、本当に頑張っているな~。」
ということです。
ほとんどの生徒は週3日~5日一日に4時間近く塾に行き、さらに家で宿題をこなしています。
多くの子が本当に頑張っています。

ですがその分実力がついているかというと「???」と感じるお母さんも多いのではないでしょうか。
がんばっているのにその時間と労力が成績アップにつながらない生徒は実に多いのです。 
それはとてももったいないことだと思います。

子どもも頑張っていますが、実はお母さん方もとても頑張っています。
受験勉強を頑張っている我が子を見ていると、
「何とか成績をアップさせてあげたい。」
「何とか合格させてあげたい。」と思うのが親心です。

「ではあなたはそのために何をしてあげますか?」
と聞かれたら如何ですか。
自信を持って「私はこれとこれをします。」と答えられるお母さんは少ないのではないでしょうか。

中学受験は初めての体験なので、何をどうすればわからないまま不安と戦いながらサポートしているお母さんも多いのではないでしょうか。

お母さんの期待と愛情パワーはとても大きいのでそれが用方向にでれば大きな力となりますが、逆にマイナスに向かうと成績が上がらないだけでなく中学受験をしたせいで
・勉強嫌い
・自信や自主性を失くす
・親子の信頼関係を崩す
・ゆがんだ価値観を持つと言った弊害を招くことも少なくありません。
それはとっても悲しいことです。


子どもも頑張っているし、お母さんも必死に頑張っているのに弊害で苦しむ親子を私は毎年たくさん見てきました。それを何とか出来ないかな~。なんとかしたいな~と思いいたとき私はコーチングと出会いました。
このコーチングの手法を上手に伝えられたら、コーチングの手法を使いながら中学受験の特殊性やコツや注意点をお母さんに伝えられたら、もっともと子どもは伸びるしよい思いも出来ると思い、10年前からお母さんセミナーをはじめました。
少なくともお母さんの関わり方次第で弊害の部分はほとんど無くせると思っています。

なぜならこうした弊害で苦しむご家庭のパターンは毎年決まっているからです。
私はこれを受験の落とし穴と呼んでいます。
この落とし穴の位置事前に知ることができれば、落ちる確率もだいぶ減ると思うのです。 
 
上手なサポートとは勉強を教えることでもないし、長時間一緒に居なければならないわけでもありません。 ですから働いているお母さん、忙しいお母さんでも、勉強を教える自信のないお母さんでも大丈夫です。このブログが少しでも子どもの成長、そして受験の成功のお役にたてれば幸いです
 
<協力宜しくお願いいたします。>
クリックが多くなるとその分多くの方に読んで頂くことができます。
中学受験で悩んでいる沢山の方に読んで頂きたいと願っています。
クリック協力よろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!






coach2016 at 22:54|PermalinkComments(0)

2019年03月28日

セミナー参加者の声1

『お母さんのための中学受験サポートセミナー』に参加してくださった方からの感想が数多く届いているので紹介したいと思います。

<A.Uさん 六年男子の母>
月に1回なので、忙しすぎず、間も空きすぎずで参加しやすかったです。
花岡先生をはじめ、一緒に講座を受けてるお母さんからもアドバイスやエネルギーを毎回いただき、セミナーに参加した後、数日は自分のテンションが高かったです(笑)。
いろいろためになることを教えていただきましたが、特に心に残っていることは「受験の軸をもつ」「親が子供にしてあげたいことと子供が親にしてもらいたいことは違う」ということです。
知らず知らずのうちに、偏差値が少しでもいい学校に行かせたいという考えに支配されていましたが、6年の夏の講座で「あなたの受験の軸は何ですか?」との問いかけに、受験を始めた4年のころの自分の軸を思いだし、偏差値に支配されていた自分に気がつくことができました。
また、自分が子供にしてあげたいサポートをすれば自分は満足しますが、子供側にたって考えてみるとそれは親の独りよがりのサポートだったのだと思う事があり、だから子供は素直に私のサポートを受け入れなかったのだなと気づかされました。
中学受験勉強は4年になる2月から始められる方が多いと思いますが、この3年間は子供が大きく成長する時と重なり、親子関係も変わってきます。また、山あり谷ありの3年間はとても長く感じられ、本当に受験勉強の終わりは来るのだろうかと弱気になることも多かったです。が、なんとか乗り切ることができたのは、こちらの講座に参加していたからだと思います。
花岡先生、皆さん、ありがとうございました
役に立ったことベスト3
No1 相談するところができた                      
No2 ガス抜きができた                      
No3 上の学年のお子さんをもつお母さん達を見て、来年の今頃は自分はこんな感じなのかと想像することができ、実際子供が6年になった時、その時のお母さんたちの気持ちが本当に理解でき、私だけじゃないんだ、みんな同じような道を歩んでいるんだ、と自分を慰められた。


<S.Hさん 6年女子の母 >
親子ともにメンタルが弱かったので、セミナーに参加することで、先の見通しを持ったり、お母さん方と励ましあったりすることができ、我が家の受験には必要不可欠な場でした。
第一志望校は残念な結果でしたが、反抗期真っ盛りの子供と仲良く二人三脚で受験を終えられたことは一生忘れられない良い思い出になると思います。
何らかの意味で親子ともに成長できる受験にできるよう頑張ってきましたが、子供は、第一志望不合格を自分なりに反省し、進学先での中学生活を楽しみにしているので、充分成果はあったと思います。
本当に長い間、ありがとうございました。
役に立ったことベスト3
No1  この先に何が起きそうかの見通しが立ったこと                     
No2  視野が狭くなりがちな時期だったので、客観的に受験をとらえられたこと
No3  同じ立場のお母さん方と変なしがらみなく交流できたこと
  

<H.Tさん6年男子の母>
このセミナーなくして我が家の中学受験は成り立たなかったと思います 。
12歳というまだまだ不安定な小学生の受験はとても特殊で そのことを心おきなく話せる仲間に出会えた貴重な場でもありました。
 母親としての役割りは日常 余り認めてもらったり 褒めてもらったりする機会がないですが 、このセミナーで花岡先生に認めて 頂き 応援して頂くと 嬉しいかったので 子どもにも同じように接する大切さを知りました。
 学年が上がるにつれ 受験生の母として気が付くと視野が狭くなりがちになので毎月セミナーに伺い 自分の視野を広げ 心にゆとりがもてるよう心がけました。
 受験が間近になった頃 先生からの応援の詩を頂き 冷蔵庫に貼り毎日それを見て 自分を奮い立たせていました 。
そして もう1つ 間近に困ったことがあれば いつでも相談に乗ります と連絡頂いた時は どれだけ心強かったか 決して忘れることはないと思います。
役に立ったことベスト3
No1 コーチングとは何かを知れた                  
No2 子どもに笑顔で接することの大切さ                   
No3 子どもは大人が思うよりずっと強い 。


<K.Tさん6年女子の母>
本当にお世話になりました。
おかげさまで受験をとおして母娘成長の機会をいただきました。
娘においては受験が一つのステップとなり「もっとやれる、やりたい」という気持ちがぐ~んと開けたように思います。
実際2月2日は姉とカラオケで気分転換していましたが、それ以降は受験前と変わらず(量は減りましたが)やる事リストをつけ一定のペースで勉強をつづけています。
しかも自主的に!個別指導塾も続けたいと希望しておりますので算数と英語を受講しており楽しんでいるようです。結論からしてとてもいい受験をさせていただきました。
ぎりぎりのところで先生と出会いをいただき家庭教師を受けていただけた事がターニングポイントだったと主人とも話をしております。あらためて御礼申し上げます。  

<N.Kさん5年女子の母>
 たいていの講座は単発で終わることが多いので、先生の話しを伺った時、「は~なるほど。良いお話でためになったわ~。」と当日は感動していても、家庭で実践できるかと言えば、出来ないことが多いです。
しかし花岡先生の講座は月に1回というペースなので、内容が定着出来ます。
講座(パワーいただく)→家で実践→だんだん忘れる(パワーもなくなる) →講座(またパワーいただく)の繰り返しが良かったと思います。実践的でコーチングが身につく講座で、自分自身が成長しました。
今年も引き続き宜しくお願い致します。   
役に立ったことベスト3
No1 毎月、花岡先生にお会いでき、元気なパワーをもらえたこと                      
No2 一流の人とそうでない人の違いで、やめたいところでやめないで、ちょっとだけがんばる習慣がついたこと
No3 子どもの前で、笑顔でいること、子どもを信頼して待つことの重要性が少しだけ身についたこと 


<来年度オープニングセミナー>
来年度に向けたセミナーを4月より開催いたします。
詳しい内容につきましては前回のブログ
をご覧ください。
申込方法 参加申し込みは こちらのフォーム よりお願い致します。
    (定員となり次第締め切りとなりますのでお申し込みはお早めに)

<お願い>
クリックよろしくお願いいたします。→
にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!



2019年03月22日

オープニングセミナーを開催します

来年の受験に向けた、
『お母さんのための中学受験サポートセミナー』を4月より開催いたします。
今回はオープニングセミナーにつき普段3300円のところこのブログからの申し込み又は今までの参加者からの紹介の方は特別に1500円とさせて頂きます。 オープニングのセミナーはお母さんの力で成績を上げそして中学受験を成功に導くポイントをわかりやすくまとめてお伝えする重要な内容となっています。
このセミナーに参加するだけでも大きな差が出ますし、
この回を聞いているかどうかで成績も合格率も大きく違ってくると思いますのでぜひいらしてみてください。
沢山のお母さんとお会いできることを楽しみにしています。

<4会場での開催>
このブログからお申し込みの方は普段3300円のところ今回特別に1500円(
各会場先着20名様限定)にてお申込み頂けます。 

4月10日(水) 自由が丘会場(自由が丘駅より徒歩3分) 9時30分~11時45分
4月11日(木) 下北沢会場(下北沢駅より徒歩4分) 10時~12時20分
4月15日(月) 大井町会場(大井町駅より徒歩1分) 9時30分~11時45分
4月16日(火)
 
新宿会場(新宿南口駅より徒歩3分) 9時30分~11時45分
特別料金:1500円
申込方法 参加申し込みは
こちらのフォーム よりお願い致します。
    (定員となり次第締め切りとなりますのでお申し込みはお早めに)

<今回のセミナーの内容>
1.子どもを上手に伸ばすお母さんVS足を引っ張るお母さん。
 
 中学受験では子どもの才能を伸ばし上手関わっているお母さんが2割、足を引っ張らない程度のお母さんが3割、そして5割りお母さんは思いとは裏腹に足を引っ張ってしまっているというのが実情です。
あなたは上手にお子さんの能力を引きだせていますか?
このコーナーでは中学受験を成功に導くお母さんの共通点、足を引っ張ってしまうお母さんの共通点を紹介します。
これを知っておくだけでも成績アップそして合格率に大きな差が出ます。

2.お母さんはガイド役も担う、中学受験の道を知る。

 中学受験は長く険しい旅です。
子ども一人で旅するのは無理があるのでお母さんはガイド役も担うことになります。
旅はガイドがよいと楽しいし沢山の実りも手に出来ますが、ガイドが悪いと旅は悲惨なものになってしまいます。
ガイドが相手の嫌がる行為や危険地帯を知らないのでは話にもなりません。
良いガイドをするためには道と危険地帯、注意点を事前に知り、我が子に合ったプランを準備する必要があります。
このコーナーでは我が子に合ったがガイドプランの立て方をサポート致します。

3 中学校が入試で判定しているもの  

 中学受験は知識を詰め込む勝負と考えている方もいますが実は違います。
中学校側は今の知識量ではなく、
この子が我が校のカリキュラムについて行けるか楽しくやっていけるかをテストを使って判定しているのです。
学校側の判断基準をしりその判定基準をクリアー(合格)するためにどういう勉強をしていけばよいのかを知ることは合格の鍵ですしお母さんにも必須です。 

4.子どものやる気と能力を引き出すテクニック
 本来子どもたちは誰もがトップ校に受かる能力を有しています。
しかしその能力が発揮されている子はほんの一握りにすぎません。
その子が本来持つ能力を上手に引き出してあげることが成績アップそして受験成功への近道です。
あなたは上手にお子さんの能力を引き出していますか? 
このコーナーでは子どもの能力を引き出すポイントについてお伝え致します。

5.塾の上手な利用法  

 塾は何でもやってくれるところではありません。はっきり言って塾任せにするのは危険です。
塾に任せられるところとお母さんが担う役割を見極め、塾を上手に利用するためのポイントをお伝えします。


クリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!




coach2016 at 12:07|PermalinkComments(0)セミナー 

2019年03月19日

お子さんとのコミュニケーション2

コミュニケーションを大きく2つに分けると、
「聞く力」と「話す力」に分けられます。
ですがコミュニケーション上手という観点から言えば、
「聞く力」によって決まると言っても過言ではありません。
つまり話すのが下手と思っている方でもコミュニケーション上手になれるという事です。
前回のブログでは、
「聞き上手」についてお話ししましたが、
聞く力にはもう一つの要素として、
「聞き取り力」があります。
本日はこの「聞き取り力」について考えてみたいと思います。

ほとんどの人は(私も含め)自分の気持ちを上手に言葉で表現することが苦手です。
だからこ我々人間には言葉以外(表情やトーン、過去の言葉、性格などなど)からも聞き取る力が備わっています。
ですが言葉だけを聞いて勝手に判断している方はとても多いのです。

聞き取り力をレベル1~4に分けると。(この基準はコーチではよく用いる一つの基準です)
レベル1 言葉だけを聞いている
レベル2 相手の言いたいことを聞き取っている
レベル3 相手の言わないでいることも聞き取っている
レベル4 相手が気づいていないことも聞き取っている


例えば、カップルの会話で
彼「今日何食べたい。」
彼女「なんでもいいよ!!」
彼「じゃあ牛丼にしよう」
彼女「え~、牛丼」
彼「なに怒っているんだ?、何でもいいっていったじゃん。」

如何ですか。

レベル1の聞き取り力つまり言葉だけしか聞き取れない人は、
「何でもいいって今言ったじゃん…」「だから牛丼って言ったのになんだよ(怒)」
となります。
でもきっとこれを読んでいるお母さん方つまり女性目線から見れば「男性に非がある」ように感じると思います。
「何でもいいよ!!」
とは言いましたがその真意は様々です。
・本当に何でもいいと思って言った。
・大抵のものは何でも大丈夫だよ。
・あなたは何食べたいの?
・私が食べたいもの察してくれるかな?
・本当は食べたいものもあるんだけど、遠慮があって言えないよ
などなど人それぞれです。
また一つとは限らず色々な思いがミックスしている場合がほとんどなのも厄介なところです。

レベル1の聞き取り力しかないと、
「何でもいいんだ」
となってしまいますが、
レベル2だと、
「本心を聞き取ってくれるので」次の会話が変わってきます。
これが出来れば相手ともめることも少なくなりますし、相手の言葉に一喜一憂しないで済みます。

レベル3だと、
例えばまだ遠慮があって言えないでいること、「本当はここ行ってみたいんだけど、言いづらい。」
と思っているときも察してくれます。そうすればおのずとその後の会話が楽しいものになるのはお分かりいただけると思います。

プロコーチではレベル4まで必要ですがお母さん方はプロを目指すわけではないので、
レベル3までいければ十分だと思います。

例えば お母さんと子どもの会話で、
母「明日から朝毎日計算やろうね。」
子「え~」
母「朝やるのが一番効率が上がるんだって、だから頑張ろ。ね。」
子「わかった。」
(嫌そうに)
次の日
母「昨日約束したでしよ。ちゃんとやりなさい。」
子「・・・」不機嫌


なんて会話になったりします。
もうお分かりですよね。
そうこれはレベル1の会話なわけです。
言葉だけでとらえれば(お母さんからみたら)
「わかった」と言ったじゃない。約束したじゃない。
となりますが、子どもからみたら約束した覚えなどないのです。

こうした誤解が増えると、関係は悪化します。
良い関係でいるためには、
母さんが子どもの理解者であり味方でいることが鍵です。
つまり自分の気持ちを勝手に解釈したり自分の都合で捻じ曲げたりする人は、
子どもから見れば「敵」「自分を理解してくれない人」に写るわけです。

如何ですか。
あなたは言葉に囚われず、相手の本心を聞き取ってれていますか。
子どもはお母さんことを理解者であり味方と思えていますか。


ここは受験サポートをする上でも子育てにおいても大切なポイントになると思いますので、
是非考えてみてください。

クリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!



2019年03月07日

お子さんとのコミュニケーション1

子どもとのコミュニケーションに悩むお母さんも多いようです。
学年が上がるにつけ子どもとのコミュニケーションは難しくなります。
思春期反抗期では特に難しくなります。
何時までも子ども扱いしていると子ども(特に男の子)は次第に無口になり話さなくなります。
関係が悪化する前に少し意識を変える必要があります。

そこで今回から数回にわたってこの時期の子どもとのコミュニケーションについてお話し致します。
お子さんとの会話や受験生のサポートにでもきっと役に立つと思います。



 ポイント1 「聞き上手になる」  

 聞き上手な人は下記のような共通点があります。
あなたは如何ですか。

1.自分の話より先ずは相手の話を聞こうとする
 色々言いたいこともあると思いますが、先ずは相手の話をちゃんと聞く姿勢が大切です。
お母さんが言いたいことを優先すると、お母さんと話しをしたがらなくなっていきますし、子どもとの関係も悪化します。
 
2.気持ちよく話せる雰囲気がつくれる、
 表情や態度も大事ですが、一番は相手と相手の話を興味を持って聞けるかだと思います。


3.自分の興味のない話でも興味を持って聞ける

 子どもがゲームの話やアイドルの話、サッカーの話など、お母さんがあまり興味がない話だったとしても、聞き上手な人は総てに興味を持って聞けるものです。
「私ゲーム知らないも。」と言った態度だと子どもを黙らすことはできても、本音を聞くことは出来なくなります。
自分の話を聞こうとしない人の話は子どもも聞く気を持たなくなるし、
そうした大人の話は心に届きません。

4.相手は(も)正しいと常に思っている
 子どもの話を批判的に聞くお母さんも多いですが、聞き上手な人は常に相手も正しいという視点で物事を聞いています。だから議論はありですが批判はしないし、決めつけもしません。
例えばお子さんが「もう学校辞める」と言ってきたら如何ですか。
それも正しいと思って聞けますか。
それも有りと思うことと、承知することは全く別物です。

まだまだ紹介したい共通点はあるのですが、
是非ご自身でも
聞き上手な人ってどんな人だろう。
私は子どもの話をちゃんと聞いているかな?

を考えてみてください。

次回はコーチングでよく使う聞くレベル1~4についてお伝えいます。

クリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!



coach2016 at 00:48|PermalinkComments(0)

2019年03月04日

中学生活に向けて

本日は中学生活に向けて、この時期にできることについてお話します。
 6年生のお母さんの中には
「今まであんなに勉強して頑張っていたのに、今は全然しないで・・・。」
と心配されている方も多いと思います。
まっ、今まで遊ぶのを我慢して頑張ってきたのですから思い切り遊ばしてあげることも良いことだと思います。
ですが、折角ついた勉強の習慣をなくしてしまうのはちょっともったいない気もします。以前にも書きましたがこの時期に中学の勉強を進めておくことは楽しい中学生活をおくる上でとても有意義だと思います。 

中学の予習をするのには今までの勉強の20%くらいの労力で充分なので、なにも遊ぶのを我慢して勉強する必要はなく、
めいいっぱいやりたいことをやり、そして勉強もするという習慣を身に付けるには格好の時期だと私は思います。


実際この時期をどう過ごすかは勉強だけでなく子どもの今後にとても大きく影響するようです。
 子どもは楽な習慣には直ぐに慣れるものです。
大きな目標を達成し新たな目標が見つかっていないこの時期は誰かが上手にサポートしてあげないとなかなか頑張れないものです。
こうした姿を見ていると、人間は目標があるときとないときでは頑張れる度合いが全然違うんだな~と驚きさえ感じます。

 本当は小学生から中学生に変わるこの時期は、お母さんのサポートがとても大切な時期なのだと私は感じますし、色々な意味でとてもチャンス(よい時期)だと思います。 
・新しい目標を見つけるサポート
・楽しい中学生活をおくるために前もって準備をする。
・子どもが大人になっていけるように自立していけるようにサポート法を変えていく
・今まで手伝ってきたことを止め本人に任せていく。(起こす、送り迎い、準備、部屋の片付けなどなど)
・中学に入ってからの約束事を決めておく
・信頼関係をつくる
・子どもの話をいっぱい聞いたり、一緒にどこかに行ったり何かをやる。
チャンスのように思います。

もちろんお母さんが自分の勉強や仕事を始めたり、何かにトライするにも良い時期だと思います。
ですが実際はお母さんも受験を終えた安堵感なのか明確な目標がなくなっているためなのか、この時期を有効に過ごしてる方は以外と少ないようです。

お母さんももう一度目標をつくって楽しく有意義な時期を過ごしてみませんか。
・今後お子さんに対して何を意識してどんなサポートをしていきますか?
・自分自身の目標は何ですか。


目標はノルマではなく、自分自身が楽しく過ごす為のものです。
目標を持つだけで毎日の過ごし方も楽しさも変わってきます。
達成させなきゃと思わないでよいですから、是非目標を書いてみてください。

<お願い>
クリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!




coach2016 at 01:47|PermalinkComments(0)Q&A