2016年04月20日

コーチングのスキル

本日はコーチングの技術(スキル)についてお話したいと思います。
前回お話ししたように私は
「コーチングを本来持っている能力を今まで以上に引き出すことによって目標達成をサポートする技術」
と捉えています。
コーチングの技術(スキル)の中にはそうした方法が沢山詰まっています。

 コーチングのスキルは新たに開発されたものと言うよりは、
人が能力を発揮するには、目標達成をサポートするには、こんな接し方が有効かを研究し、という手法を集めたとても実践的な手法です。そしてそのスキルを使って相手の能力を引き出し目標達成をアシストするのがコーチの仕事と思って頂ければよいかと思います。


ですから、「あっ、それなら既にやっている。」
と思う手法あると思いまし、
「なるほど、それは良い方法だ、私も取り入れよう。」
と感じてもらえる手法も数多くあると思います。
目標達成をサポートするには、
・信頼関係をつくること
・上手にコミュニケーションをとること
・相手のやる気や能力を引き出すこと
などが欠かせませんから、そのために役立つ手法も沢山含まれています。

 コーチの役割は中学受験という目標を持ったお子さんをサポートしたいと望むお母さんの役割と重なる部分が多々あります。
・経験がないので何をどうサポートしてよいかわからない。
・やる気や自主性を引き出すにはどんな声をかけたらいいのかわからない。
と感じているお母さんもコーチングの手法を勉強することできっと良いサポートが出来ると思います。受験生のサポートに限らず子育てにおいても知っておいて絶対に損のない手法だと私は思っています。


 コーチと言うと日本では、鬼コーチに代表されるような・怖い・厳しく管理するといったイメージが今でも強く残っています。しかし近年は優秀といわれるコーチ(家庭教師も)はこうしたイメージとはかけ離れた指導をしています。
それは無理矢理やらせるのでは100%の能力を発揮させることは極めて困難であることが証明されているからです。

 腕立て伏せをするにしても「それが自分にとって必要だ」と理解して自主的に取り組むのと、無理矢理やらされる のでは筋肉のつき方も全然違うそうです。筋肉ですらそうなのですから勉強や知識なら尚更なのは言うまでもありません。 
 昔は甲子園に行くために人の3倍倒れるまで練習させるなどという監督コーチが名監督としてまかり通っていました。確かに半分しか身にならないとしても3倍やれば人より優れることは出来ますよね。
現代ではこんな非能率的な練習をしていたのでは勝てないのです。
受験も同じです。
予断になりますが、
ウサギ飛は何の役にもたたないし普通の腹筋運動も小中学生には悪影響の方がずっと大きいと科学的証明されているそうですね。昔よくやらされてのに…。

それと同じように勉強方法も今だに間違った指導方が取られているケースが多いと感じます。
悲しいかぎりです。

このことについても書きたいことは沢山あるのですがそれは後日に回すとしてコーチングの話に戻しますね。 

 管理や叱咤激励するだけでは人の(特に子どもの)能力は開発されません。
駄目出しや怒ることで直れば苦労はしませんが、人間そうはいかないものです。
相手のやる気と自主性を引き出し、その人に合ったサポートをしていくことが鍵です。

あなたはお子さんの能力と自主性を上手に引き出せていますか。 



2016年04月18日

コーチングってな~に?

前回6つの要素を伸ばすには心のサポートがポイントであることをお伝えしましたが、
「心のサポートと言っても具体的には何をすればいいのか分からない。」
と言う方も多いと思います。
そこで今日はコーチングについてお話ししたいと思います。

 13年前に私がセミナーを始めたころはコーチングと言っても誰も知らせいような状況でしたが、今ではだいぶ市民権も得て、多くの方が知る言葉となりました。
ですがコーチングってな~に?
と聞かれて答えられる方は今でも少ないです。
その理由はコーチングは範囲がとても広いからだと思います。
・信頼関係に役だつ手法
・コミュニケーションの手法
・相手のやる気や能力を引き出す手法
・目標達成をサポートする手法
・リーダーに欠かせない手法

などなど人によって色々な捉え方をされています。
それらは間違っている訳ではありませんがコーチングの一部をピックアップしたものです。
 一言でコーチングと言ってもその幅は広く色々な捉え方がありますが、私はコーチングを
「本来持っている能力を今まで以上に引き出すことによって目標達成をサポートする技術」
と考えています。

 人の脳は本来持つ能力の10%も発揮されていないという話しを聞いたことがあると思います。これは脳だけに限りません。
人は本来持つ能力をほとんど使わないまま生活していると言われています。

あなたは本来持つ能力の何%を発揮して普段生活していますか?
お子さんは本来持つ能力をどのくらい発揮できていると感じますか?


人は誰もが本来とても高い能力(どんなことでも出来る)を持っています。
もしもあなたの能力を20%上げる薬があればあなたはいくらまでなら購入しますか?
今の生活に満足している人なら「いらない」と言うかもしれません。
プロスポーツ選手やオリンピックを狙っている選手なら1000万円払うかもしれません。

ビジネス界で大きな決断や責任がかかる方ならその判断で何億という違いがでるので1億でも買いたいとなるかもしれません。
最後は僅差の勝負となる中学受験だといくらの値がつきますかね。(笑)

自分の能力をフルに発揮するのは一人では難しく誰かのサポートが不可欠です。
プロコーチの仕事はまさにこの能力を引き出すことで相手の目標達成を効果的にサポートすることにあります。


 薬ではドーピング違反にもなりますし体にも害があるかもしれませんがコーチングはその心配がない上に楽しくできるのが良いところです。
もしあなたの能力が今まで以上に引き出せるとしたら、あなたはどの様に活かしますか。
もしあなたがお子さんの能力をもっと引き出せるようになれるととしたら如何ですか。

コーチングを知るだけでもだいぶ自分の能力を発揮できるようになるし、
お子さんの本来持つ能力を引き出して上げられるようになると思います。



2016年04月16日

実力をつける心のサポート

前回に続いて実力を伸ばすサポートについてです。

自信をつけるサポート (当たり前なこと)
 小学生の場合自信があるかどうかで6つの要素は大きな影響があります。
スピードでも定着率でも応用力でも、それに自信を持っている子はどんどん勝手に伸びて行きます。
別の言い方にすると
「当たり前だと思っていることはできる。」
と言えるかもしれません。
つまり一回やった問題なんか出来て当たり前。
難しい問題も僕なら出来るはず。
みたいに感じている子は勝手に伸びて行くのです。

ですから逆に、
「君は定着率が低いから頑張って定着率を上げなきゃね。」
「難しい問題も諦めないで考えなさい。」
などの言葉、「自分は出来ない→だから頑張らなきゃ。」
みたいに感じてしまい、自信が持てない、もともとは出来ない子というイメージにつながってしまう場合が多いのでしょうね。
こうしたかとからもお母さんの些細な声のかけ方がとても重要だということがおわかり頂けると思います。

好き VS 嫌い(嫌々)
 小学生の場合には大人以上に好き嫌いで頭の使われ方が違うものです。
好きなこと楽しんでやっているときには驚くほどの能力を発揮します。
嫌いなものを好きにさせるのは難しいですが、嫌いにならないようにしてあげることはできます。
子どもはもともとも学ぶことが好きなのです。
ですが学年が上がるごとに嫌いになっていく子どもが多いのは「大人が嫌いにさせている。」といってよいと思います。

笑顔 VS 必死な形相
 必死な姿や表情=頑張っている姿、良い状態
と思っているお母さんも多いですが、小学生の場合笑顔が消えたら要注意です。
実際トップ校に合格する子はみんな最後まで笑顔で元気に頑張っている子が多いものです。
不安で日々必死頑張る子もいますが、こうしたパターンにはまると脳の視野は狭くる傾向になり多角的な考え方には向かないのでつまり中学受験には向かない状態になってしまうようだす。 
格闘技や瞬発力が要求されるスポーツでは笑顔ではなく火事場の馬鹿力のようなアドレナリンがバンバン出ているような状態の方がいい場合もありますが、中学受験には向かないようです。

成功体験や良い思いをした経験の量
 難しい問題を解くのが好きな子つまり応用力のある子は、過去にそれを解いたことでヒーローになったり褒められたりと良い思いをした経験があるものです。
そしてその経験がまた解きたいという意欲につながり考える頭(脳力)が養われて行きます。 良い思いをした経験がない子に無理矢理考えなさいといっても苦痛でしかないし、嫌いになっていくだけです。

まだまだお伝えしたい違いはあるのですがそれを上げていると切りがないのでこのへんにしておきたいと思います。

私はこの違いを通して何が言いたいかというと、
6つの要素を上げるのは、勉強方法でもないし、わかりやすく教えてもらうことでもないし、ノートのとり方でも式の書き方でもなく、
心の問題が大部分だということです。
ですからもしもお母さんがお子さんの勉強効率を上げたいと望むのであれば、
勉強方法や書き方をアドバイスするよりも、わかりやすく教えようとするよりも、
心をサポートして上げる方が効果的だということです。

 そしてこうした心のサポートは塾では教えてくれませんので一番お子さんと一緒に過ごす時間が多いお母さんの力に掛っているところが大きいのです。

あなたのお子さんは"伸びる子の共通点(1~6)の心を持っていますか?

あなたはお子さんのそうした心のサポートが上手に出来ていますか?


2016年04月15日

子どもを伸ばすサポート

勉強効率をあげ真の実力をつけるためには、
勉強時間 スピード、理解力、定着力、応用力、正解率をいかに伸ばしていくかがポイントであり、
中学受験サポート(お母さん)の腕の見せ所です。

そのポイントは心のサポートにあります。
お母さんや先生がどんなよい勉強方法を教えても伸びないのは心がついて行かないからです。
本当にノートの取り方とか式の書き方、まとめ方、勉強方法よりも心が決まるといってももいいと思います。

結局のところ、
「僕はみんなより早い。」「一回やった問題なんか出来て当たり前。」
と思っている子が早いし出来るのです。

ですがお母さんはうぬぼれている姿が大嫌いなので、大抵自信を奪う声かけをしてしまうものなのです。
それは凄くもったいないことです。
他には

自主性を持って勉強をしている子 VS 受け身の勉強をしている子
 中学受験では自主性をもって勉強している子と受け身の勉強をしている子では驚くほど実力に開きが出ます。(カリテストや月例テストでは差がでないのが怖いところですが…)
 歴史に興味のある人はどんどん歴史の知識が増えていきます。同じ歴史の番組を見たとしても興味のある人と無い人では後に頭に残る量は大きく違います。嫌々見ていた人はほとんど覚えていないものです。子どもは大人以上にその差が激しいようです。
サッカーやゲームに興味がある場合も同じことが言えますし、もちろん勉強も同様です。
ただ覚える勉強や、嫌々やっている子は10個教えても一週間後に頭に残るのはせいぜい1つか2つです。ですが興味を持って聞いている子は10個教えただけで、そこから自分で思考を広げるので20も30にもなります。
明日の宿題や明日のテストのために勉強を無理矢理やらせるのであればさほど差は出ない(ここが怖いところです)のですが、受験勉強のような長距離レースではその差は歴然です。
ここでいう自主性とは自分の頭を使って勉強しているととらえて頂ければよいかと思います。

 勉強も塾も嫌いではない子でも受け身の勉強が身についてしまっている子は結構多いものです。
まじめな子、難しい問題を解くよりも簡単な問題を何度も解く勉強の方が好きな子は受け身になりやすいので、上手にサポートして上げる必要があります。
なんでこうやると解けるの?
なんでこうなるの?
みたいに教えてもらったことに対しても鵜呑みにするのではなく、常に疑問を持つようなら安心です。
逆に
円の面積や、等差数列の和や面積図などなんでもよいのですが。
「どうしてこの公式で解けるの?」
と聞いたときに、
「だってそう習ったもん。」
というようでしたら要注意です。 

どんな目的意識で取り組んでいるか
 同じ問題を解くのでも目的はさまさまです。
絶対に出来るようにするぞ。
絶対自分で解いてみせる。
誰よりも早く解くぞ。
などの目的意識を持って取り組んでいる子は確実に伸びます。
それに対して、
宿題だからやっていかなきゃ。
やらないと怒られるから仕方ない。
みたいに "こなすこと" が目的になっている子あまり伸びません。

あなたのお子さんは
自主性を持って勉強していますか?
よい目的意識を持って勉強していますか?


2016年04月10日

定着率を伸ばすには

本日は定着率をあげるサポートについてお話しします。

受験においては定着率はとても重要で、低い子は勝負になりません。
例え40時間勉強したとしても一週間後一ヵ月後にその内容の10%しか頭に残っていない(出来ない)のであれば実力か伸びないのは明らかです。


 同じ量の勉強をやったとしても後に残る量は子どもによって大きな違いがあるのです。 
一度やった問題が一週間後一ヶ月後にどのくらいできるかを定着率と呼んでいます。 
この定着率が低い子はどんなに勉強しても実力は付きません。

カリテストや月例テストなど一夜漬けでも結果のでるテストでは定着率や応用力に関係なく成績が取れたりするのが怖いところで、そうした勉強が身に付いてしまうと受験は苦しくなります。

そしてこの定着率は子どもの中で安定してしまうとのが怖いところです。
やった量の10%しか頭に残らない子はそれが当たり前となるし、
90%出来るようにする子はそれが当たり前と成るのです。

お母さんも塾でも勉強量を増やすことを一番に考える方が多いのですが、これは危険な行為でもあります。
定着率の低い子に勉強量を増やすとどうなるでしょう。
大抵は消化不良をおこし勉強量を増やせば増やすほど定着率は下がっていきます。
当然体にも無理がかかり食べるのも(勉強するのも)嫌になります。

つまり定着率の低い子に勉強量を増やすのは逆効果、どんどん実力の付かない脳の構造になっていってしまうのです。
実力を付けるためには勉強量を増やす前に先ずは定着率をあげることが肝心です。


これは定着率だけでなく、スピードや応用力にも言えます。
嫌がっている子に長時間勉強を強いるとダラダラやるのは自然の理です。
ますます遅い子になります。

勉強量(問題数)を増やせば一問をじっくり考えることはしなくなるし、
教えてもらうのを待つ子、覚える勉強をする子になり応用力は下がります。
かといって勉強時間を長くして
「じっくり考えなさい。」
と行ったところでわかる気がしない問題をじっくり考え応用力が養われる子はほとんどいません。

定着率をあげるには、始めのうちは少ない量でも良いので、
「やったものは全部出来る。」
という状態をつくること良いです。

 ですがこれはなかなか難しい作業でもあります。
塾では子どもの定着率などお構い無しに(出来る子に合わせて)次から次へと大量のことを要求してきますし、お母さんも勉強量でカバーさせようとすることが多いのです。
このため塾に行っていても定着率の悪い子は実力が全然付かないばかりか、行けば行くほどバカになるということが実際に起こります。
実際こうした負の連鎖に飲み込まれてザルで水を汲むような勉強をず~と頑張り続ける子も多いので、もし現在お子さんの定着率が低いと思う場合はまずは上げることを第一に考えてください。
そしてそれは塾ではしてくれないので、お母さんの力でなんとかして上げて欲しいと思います。


復習に重点を置いてなんどもやり直す勉強させれば・・・。
と思われる方も多いと思います。
現在定着率の低い子はこうしたことからやらせるのは良いと思います。
多分高校受験や中学受験でも偏差値50以下のところを受験するのであればこの勉強方法で問題は無いのです。
ですが、

ある程度の定着率を持った子、そして上位校を受ける場合はこの勉強方法では実力が伸びなくなります。

 私の元教え子にも、一度やった問題を何度も何度もやり直してくれる子、それに膨大な時間と労力をかけてくれる、とてもまじめな子が何人もいました。
ですがこのパターンにはまると不思議なほど応用力が低下します。
中学受験の上位校の場合"応用力が勝負"という問題構成になっているので何度も何度も復習して定着させるという勉強では合格は難しいのです。


トップ校を受ける子たちはの定着率はとても高いです。ほぼ100%と言っていいと思います。
ですが何度もやり直しなどはしていません。
この子たちに聞くと
「一回やった問題なんて出来るに決まっているじゃない。」
と簡単に言うし、だから
「2回3回と同じ問題をやり直すなんて時間の無駄。」
と言います。

この子たちと定着率の低い子では何が違うのでしょう。
頭の出来?
確かにそれもないとは言いませんが、沢山の子を教えてきた経験から言うと
「それは大きな要素ではないようです。」
では何が違うのか?
次回はスピード、理解力、定着率、応用力の高い子と低い子の違いはどこになるのか、その共通点についてお話しします。



2016年04月08日

テストの点数は実力とは別

 前回実力式によるお子さんの勉強効率測定して頂きましたが如何でしたか。
あなたのお子さんは効率が良い勉強をしていましたか。
この数値が0.2以下だと結構きついです。0.5以上ならまずまず、1を超えるのなら立派なものです。
1を超えるにはスピードと応用力が鍵りなりますけど…
本日はもう一つ式を紹介します。

テストの点数=実力×テスト力

というものです。
実力通りの点数が取れるかというと子どもの場合そうはいきません。
逆に実力が無くてもテスト力があれば取れてしまうのです。

テスト力とは、テストで点数を取るための力です。
つまり
・どこを勉強しておけば点数に繋がるか
・ミスをしないで出来る問題を確実に取れる
・時間配分が上手

などなど

塾の週テストや月例テストでは実力はあまり関係ありません。
どの問題集から多く出題されるかを知っていてそこを繰り返し勉強した子は点数が取ります、
範囲が狭いので試験前に見直せばいいのですから、定着率も関係ありません。
応用問題と言ってもほとんどは問題集の応用問題とほぼ一緒です。受験のような全く見たことのないような問題(真の応用問題)は10点分もないのです。

 こうなるとやった者勝ち、間違わなかった者勝ちです。
つまり実力よりもテスト力が重視されるテストなのです。
なのでこうした週テストや月例テストに一喜一憂するとどうしても実力をつけるよりもテスト力重視になってしまうので注意が必要です。


 私も家庭教師をしているとき、お母さんも子どももテストの点を必要以上に気にするご家庭では、どうしてもテスト力を上げて点数を取らせる勉強をせざるおえません。
それはそれで親も喜ぶし子どももやる気アップ自信アップに繋がるで悪くはないのですが、
でも真の実力付ける勉強が後回しになってしまう場合もあるのが辛いところです。

まじめなに今まで頑張って成績も良かった子が6年生になるとだんだん下がっていく子も多いという話は聞いたことがあると思います。
それは正にテスト力で点数を取ってきて真の実力は点数ほど付いていないためなのです。


お母さんは子どもがミスをするのが大嫌いです。
凄くもったいなく思うようです。
因みに
「ミスしないように気お付けない。」「またミスして、どうしてあなたは見直さないの。」
と口が酸っぱくなるほど子どもに注意するお母さんもいますが、統計的に見て子どもは言えば言うほどミスの多い子になるそうなので気を付けてくださいね。
この辺が中学受験サポートの難しいところ、面白いところですね。
子どもは小学生ですから理屈より感情が成績にも反映されるのです。
 
次回は実力をつける方法についてお話ししてみようと思います。