2019年03月19日

お子さんとのコミュニケーション2

コミュニケーションを大きく2つに分けると、
「聞く力」と「話す力」に分けられます。
ですがコミュニケーション上手という観点から言えば、
「聞く力」によって決まると言っても過言ではありません。
つまり話すのが下手と思っている方でもコミュニケーション上手になれるという事です。
前回のブログでは、
「聞き上手」についてお話ししましたが、
聞く力にはもう一つの要素として、
「聞き取り力」があります。
本日はこの「聞き取り力」について考えてみたいと思います。

ほとんどの人は(私も含め)自分の気持ちを上手に言葉で表現することが苦手です。
だからこ我々人間には言葉以外(表情やトーン、過去の言葉、性格などなど)からも聞き取る力が備わっています。
ですが言葉だけを聞いて勝手に判断している方はとても多いのです。

聞き取り力をレベル1~4に分けると。(この基準はコーチではよく用いる一つの基準です)
レベル1 言葉だけを聞いている
レベル2 相手の言いたいことを聞き取っている
レベル3 相手の言わないでいることも聞き取っている
レベル4 相手が気づいていないことも聞き取っている


例えば、カップルの会話で
彼「今日何食べたい。」
彼女「なんでもいいよ!!」
彼「じゃあ牛丼にしよう」
彼女「え~、牛丼」
彼「なに怒っているんだ?、何でもいいっていったじゃん。」

如何ですか。

レベル1の聞き取り力つまり言葉だけしか聞き取れない人は、
「何でもいいって今言ったじゃん…」「だから牛丼って言ったのになんだよ(怒)」
となります。
でもきっとこれを読んでいるお母さん方つまり女性目線から見れば「男性に非がある」ように感じると思います。
「何でもいいよ!!」
とは言いましたがその真意は様々です。
・本当に何でもいいと思って言った。
・大抵のものは何でも大丈夫だよ。
・あなたは何食べたいの?
・私が食べたいもの察してくれるかな?
・本当は食べたいものもあるんだけど、遠慮があって言えないよ
などなど人それぞれです。
また一つとは限らず色々な思いがミックスしている場合がほとんどなのも厄介なところです。

レベル1の聞き取り力しかないと、
「何でもいいんだ」
となってしまいますが、
レベル2だと、
「本心を聞き取ってくれるので」次の会話が変わってきます。
これが出来れば相手ともめることも少なくなりますし、相手の言葉に一喜一憂しないで済みます。

レベル3だと、
例えばまだ遠慮があって言えないでいること、「本当はここ行ってみたいんだけど、言いづらい。」
と思っているときも察してくれます。そうすればおのずとその後の会話が楽しいものになるのはお分かりいただけると思います。

プロコーチではレベル4まで必要ですがお母さん方はプロを目指すわけではないので、
レベル3までいければ十分だと思います。

例えば お母さんと子どもの会話で、
母「明日から朝毎日計算やろうね。」
子「え~」
母「朝やるのが一番効率が上がるんだって、だから頑張ろ。ね。」
子「わかった。」
(嫌そうに)
次の日
母「昨日約束したでしよ。ちゃんとやりなさい。」
子「・・・」不機嫌


なんて会話になったりします。
もうお分かりですよね。
そうこれはレベル1の会話なわけです。
言葉だけでとらえれば(お母さんからみたら)
「わかった」と言ったじゃない。約束したじゃない。
となりますが、子どもからみたら約束した覚えなどないのです。

こうした誤解が増えると、関係は悪化します。
良い関係でいるためには、
母さんが子どもの理解者であり味方でいることが鍵です。
つまり自分の気持ちを勝手に解釈したり自分の都合で捻じ曲げたりする人は、
子どもから見れば「敵」「自分を理解してくれない人」に写るわけです。

如何ですか。
あなたは言葉に囚われず、相手の本心を聞き取ってれていますか。
子どもはお母さんことを理解者であり味方と思えていますか。


ここは受験サポートをする上でも子育てにおいても大切なポイントになると思いますので、
是非考えてみてください。

クリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!



2019年03月07日

お子さんとのコミュニケーション1

子どもとのコミュニケーションに悩むお母さんも多いようです。
学年が上がるにつけ子どもとのコミュニケーションは難しくなります。
思春期反抗期では特に難しくなります。
何時までも子ども扱いしていると子ども(特に男の子)は次第に無口になり話さなくなります。
関係が悪化する前に少し意識を変える必要があります。

そこで今回から数回にわたってこの時期の子どもとのコミュニケーションについてお話し致します。
お子さんとの会話や受験生のサポートにでもきっと役に立つと思います。



 ポイント1 「聞き上手になる」  

 聞き上手な人は下記のような共通点があります。
あなたは如何ですか。

1.自分の話より先ずは相手の話を聞こうとする
 色々言いたいこともあると思いますが、先ずは相手の話をちゃんと聞く姿勢が大切です。
お母さんが言いたいことを優先すると、お母さんと話しをしたがらなくなっていきますし、子どもとの関係も悪化します。
 
2.気持ちよく話せる雰囲気がつくれる、
 表情や態度も大事ですが、一番は相手と相手の話を興味を持って聞けるかだと思います。


3.自分の興味のない話でも興味を持って聞ける

 子どもがゲームの話やアイドルの話、サッカーの話など、お母さんがあまり興味がない話だったとしても、聞き上手な人は総てに興味を持って聞けるものです。
「私ゲーム知らないも。」と言った態度だと子どもを黙らすことはできても、本音を聞くことは出来なくなります。
自分の話を聞こうとしない人の話は子どもも聞く気を持たなくなるし、
そうした大人の話は心に届きません。

4.相手は(も)正しいと常に思っている
 子どもの話を批判的に聞くお母さんも多いですが、聞き上手な人は常に相手も正しいという視点で物事を聞いています。だから議論はありですが批判はしないし、決めつけもしません。
例えばお子さんが「もう学校辞める」と言ってきたら如何ですか。
それも正しいと思って聞けますか。
それも有りと思うことと、承知することは全く別物です。

まだまだ紹介したい共通点はあるのですが、
是非ご自身でも
聞き上手な人ってどんな人だろう。
私は子どもの話をちゃんと聞いているかな?

を考えてみてください。

次回はコーチングでよく使う聞くレベル1~4についてお伝えいます。

クリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!



coach2016 at 00:48|PermalinkComments(0)

2019年03月04日

中学生活に向けて

本日は中学生活に向けて、この時期にできることについてお話します。
 6年生のお母さんの中には
「今まであんなに勉強して頑張っていたのに、今は全然しないで・・・。」
と心配されている方も多いと思います。
まっ、今まで遊ぶのを我慢して頑張ってきたのですから思い切り遊ばしてあげることも良いことだと思います。
ですが、折角ついた勉強の習慣をなくしてしまうのはちょっともったいない気もします。以前にも書きましたがこの時期に中学の勉強を進めておくことは楽しい中学生活をおくる上でとても有意義だと思います。 

中学の予習をするのには今までの勉強の20%くらいの労力で充分なので、なにも遊ぶのを我慢して勉強する必要はなく、
めいいっぱいやりたいことをやり、そして勉強もするという習慣を身に付けるには格好の時期だと私は思います。


実際この時期をどう過ごすかは勉強だけでなく子どもの今後にとても大きく影響するようです。
 子どもは楽な習慣には直ぐに慣れるものです。
大きな目標を達成し新たな目標が見つかっていないこの時期は誰かが上手にサポートしてあげないとなかなか頑張れないものです。
こうした姿を見ていると、人間は目標があるときとないときでは頑張れる度合いが全然違うんだな~と驚きさえ感じます。

 本当は小学生から中学生に変わるこの時期は、お母さんのサポートがとても大切な時期なのだと私は感じますし、色々な意味でとてもチャンス(よい時期)だと思います。 
・新しい目標を見つけるサポート
・楽しい中学生活をおくるために前もって準備をする。
・子どもが大人になっていけるように自立していけるようにサポート法を変えていく
・今まで手伝ってきたことを止め本人に任せていく。(起こす、送り迎い、準備、部屋の片付けなどなど)
・中学に入ってからの約束事を決めておく
・信頼関係をつくる
・子どもの話をいっぱい聞いたり、一緒にどこかに行ったり何かをやる。
チャンスのように思います。

もちろんお母さんが自分の勉強や仕事を始めたり、何かにトライするにも良い時期だと思います。
ですが実際はお母さんも受験を終えた安堵感なのか明確な目標がなくなっているためなのか、この時期を有効に過ごしてる方は以外と少ないようです。

お母さんももう一度目標をつくって楽しく有意義な時期を過ごしてみませんか。
・今後お子さんに対して何を意識してどんなサポートをしていきますか?
・自分自身の目標は何ですか。


目標はノルマではなく、自分自身が楽しく過ごす為のものです。
目標を持つだけで毎日の過ごし方も楽しさも変わってきます。
達成させなきゃと思わないでよいですから、是非目標を書いてみてください。

<お願い>
クリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!




coach2016 at 01:47|PermalinkComments(0)Q&A 

2019年02月25日

子どものペット化計画

中学受験を親子二人三脚で頑張ってきた方も多い思います。
そしてそれは素晴らしいことでもありますが一生二人三脚を続けて行くわけにもいきません。
子どもの幸せを考えればどこかで親離れ子離れしなければなりません。
中学入学時は親離れ子離れの絶好のチャンスです。

お母さんの気持ちとしては自立して欲しいと願う反面、本能として
「いつまでも守ってあげたい。」
「何時までも赤ちゃんのときのように自分の側に・・・・」
と思う気持ちがどこかにあるものです。
お母さん「この子は私がいないと何もできないんだから、困っちゃう。」
と話しているお母さんをよく見かけます。口調は困っている言い方なのですが、その顔は幸せそうだったりします。

そこで今日は何時までも子どもを自立させないでペット化していく方法をお伝えします。
逆説的な書き方ですがユーモアーだと思って読んでくださいね。
でもこの方が心に響く方もいるようです。


<子どもほ自立させないために>
人も他の動物と同じように自然と自立していくように創られている様です。
なのでそれを意識的に妨げてあげる必要があります。

<赤ちゃんのころの自立>
お母さんからスプーンを取り上げ体をベトベトにしながらも自分で食べようと・・・。
そんな時甘い声で
「よしよし良い子ね、大丈夫よママがちゃんと食べさせてあげますからね。ほらあ~んして・・・。」
と赤ちゃんの気持ちを落ち着かせながら代わりにしてあげて楽をさせてあげれば自立の妨げになるのはご存知ですよね。 

幼児期には幼児期の小学生では小学生での中高生では、中高生なりの自立、親離れがあります。その都度自立を妨ぎましょう。

一人で何かにチャレンジしようと思っているときは危険です。
ここで黙って見守って成功されたらチャレンジ好きな子、お母さんに頼らず自分でなんとかする子に育ってしまいます。

「冒険でも料理や工作でも一人で何かにチャレンジしようとしているときは
「危ないから止めなさい。」と止めさせてしまうか、
さも親切そうに
「手伝ってあげるね。一緒にやろう。」
といって代わりにやってあげましょう。
お母さんも危なっかしい我が子を黙って見守るよりよっぽど楽でしょ。
一人でやりたいと思っていた子ならモチベーションを一気に落とすことができるし、そうでない子でもお母さんに手伝ってもらう習慣をつけておけば後々楽です。

 子どもは自分でやりたいという欲求もありますが、楽な方や楽しい方に流れます。 
至れり尽くせり、しかも楽しいとなれば徐々に「無理に自立しなくてもいいや」という気持ちになってきます。
特に男の子はお母さんに甘える傾向が強いようです。

 ここまで来ればあと一息です。
子どもが自立への意欲が少ないときに追い討ちをかけましょう。
「自分でやりなさい、なんで一人で出来ないの。」
と自立を強制します。 こうすることで”自立=嫌だ”というイメージが付きます。

 これを中学まで繰り返していけばバッチリです、保護されて育った動物同様野生に返る(自立)ことはどんどん難しくり、めでたくペット化が完成します。

 もう一つ自立を妨げる有効な手段があります。それは
何でもかんでもこと細かく指示命令を与え、失敗したときには厳しく叱りつける方法です。
自分の意見を主張したときにはすかさず駄目だしをしましょう。

 所詮子どもの意見です駄目出ししようと思えば簡単なものです。 
「それを繰り返すうちに鍛えられ反骨精神も強くなり逞しく自立していってしまうのでは・・・」
なんて心配する必要はありません。
90%以上の子は自己主張する無意味さを思い知り自立心を自ら捨てていきます。 
企業でもよく見られる光景です。まして子どもなど簡単なものです。

まっ、この場合は言われたことにだけ従う奴隷のような子になってしまうので可愛いペットをお望みなら前策がお勧めです。

 でもペット化した場合は一人では生きていけませんから
絶対に先に死なないでください。そして必ず責任もって最後まで面倒みてくださいね。


本日は子どものペット化につてお話ししましたが、
勉強嫌いにする方法、目標を持たない子にする方法はもっと簡単です。
ペット化させるのも、勉強嫌いにさなるのも、
逆に自立して社会で生きていける子に向かうのも、やる気や能力を引き出すのも、
お母さんの普段の接し方、そしてターニングポイントでの声のかけ方で決まることが多いのです。
あなたはどんなお母さんを目指しますか。

<思春期反抗期への対応力を磨くセミナー>
お子さんをペット化させず、自立した大人へ成長を促すサポート力を磨くセミナーです。
今のうちにサポート力を磨いておけば反抗期を穏やかに乗り切れると思います。
関係を崩すしてからだと修復はとても難しくなるので崩す前に是非。

日程… 3月4日(月) 大井町きゅりあん (大井町駅徒歩1分)
       3月7日(木) 下北沢会場 (下北沢駅徒歩4分)

時間… 9時45~11時50分
参加費… 2500円 
対象者…
思春期、反抗期の接し方を学びたい方、コーチングを学んでみたい方、
               初めての方も歓迎です。  

お申込みは こちらのフォーム よりお願いします。
ご不明な点などありましたらお気軽にメールにてご連絡ください。  

<協力宜しくお願い致します。>
クリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!




coach2016 at 00:31|PermalinkComments(0)

2019年02月22日

思春期反抗期の対応力をみにつけるセミナー

お母さんのための中学受験サポート教室の卒業生から、
「折角合格を勝ち取った中学だから楽しく通って欲しいし成長して欲しいけど、これから思春期反抗期を迎える我が子と上手に関わっていけるか心配。」
という声を多く聞きました。 そこで今年も昨年好評だった、 『思春期も反抗期の子どもへの対応力を身に付けるセミナー』
を開催することに致しました。 
 
 中学受験は終わりましたが、子育てはまだまだ続きます。
これからも子どもにとってお母さんは大切な掛け替えのない存在です。

中学受験以上に思春期反抗期は子育ての最大の難関でもあります。
自立し幸せになる力を備えた素敵な大人へ成長させて上げられるかはお母さんの関わり方が鍵を握っていると私は思います。
ちょっとしたコツを知るたげでもトラブルを減らし成長を促せるのです。

 このセミナーの大きな特徴がトラブる前に注意点を知り対応力を磨くことにあります。
思春期反抗期でトラブる家庭のパターンは中学受験以上に明白です。
注意点を事前に知りその対応力を備えておけば、泥沼化はほぼ防げますし子どもの成長も促進できます。
トラブってからではその修復に多大な労力と時間が必要になりますし、子どもの成長も遅れてしまいますので、是非お子さんの将来のためにトラブる前に対応力を身に付けて頂きたいと願っています。


このセミナーでは短期間(6回)で
・思春期反抗期での注意点を事前に知り対応法を身に付ける
・子どもの能力と才能を上手に引き出すコーチングの基礎を身に付ける
・思春期、反抗期の心理と男女の違いを知り対応力を磨く
・小学生までの接し方から中学生の接し方育て方に変える
・ルール作りのポイントを掴む
・子どもが自立し「幸せになる力」が身に付く子育てのポイント 
・親離れ、子離れをする
・自分の人生を自分の力で豊かにできるお母さんになる を目指します。 
 
ことを目指します。
3月はオープニングなので初めての方でも気軽に参加してみてください。
一回の参加も大歓迎です。先ずは一度いらしてみませんか。
初回の参加だけでも得るみのがいっぱいあると思います。

<オープニングセミナー>
日程… 3月4日(月) 大井町きゅりあん (大井町駅徒歩1分)
   
3月7日(木) 下北沢会場 (下北沢駅徒歩4分) 
   
時間… 9時45~11時50分
参加費… 2500円
対象者…
思春期、反抗期の接し方を学びたい方、コーチングを学んでみたい方、
               初めての方も歓迎です。  

お申込みは こちらのフォーム よりお願いします。
ご不明な点などありましたらお気軽にメールにてご連絡ください。  

<協力宜しくお願い致します。>
クリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!

       

coach2016 at 00:40|PermalinkComments(0)

2019年02月18日

親子関係を修復する

本日は受験を終えたお母さんから寄せられた質問にお答えしています。

第一志望合格に向け私なりに精一杯し接してきたつもりなのですが、思った結果が出なかったせいもあり、親子関係が険悪な状態です。
息子も自信を失い、悲観的な考えになってしまっています。少しでも修復するにはどうしたらよいでしょうか。

 と言う質問を頂きました。
一生懸命子どものことを思い努力されて来たのに上手く行かなくなってしまうことってありますよね。 
「後で思い返してみると、必要以上に怒鳴てしまつた、叱り過ぎた、管理し過ぎた、子供の声を聞こうとしなかった。」などなど
こうしたことは多かれ少なかれほとんどのお母さんに心当たりがあることだと思います。
でもそのまま何も問題なく進んだ親子、管理したおかげで上手くいく子もいます。
ホント子育ては正解も絶対の間違いもないので難しいですね。

 たとえ今信頼関係が崩れていても、子育ても子どもの人生も先はまだまだ長いのですから回復のチャンスはいくらでもあります。
今子どもが近づいてこなくても、子どもが母親を必要とする機会はこれからも沢山訪れます。
だから焦らないでください。

 何が悪かったかを確認することも大切ではありますが、もっと大切なことはこれからどうするか、どうしたいのかです。 
子どもにこうなってもらいたいと願うだけでは何も変わりません。もしもそれを押し付けようとすれば(子どもが押し付けられているように感じてしまえば)ますます関係は悪化してしまうので気をつけてくださいね。


 子どもに変わって欲しいと思っている間は関係はよくならないようです。
大切なのは子どもが変わることや、子どもにさせることを考えるのではなく自分に出来ることに目を向けることです。
自分の性格はなかなか変えられませんが、接し方や声のかけ方は変えることができるものです。

あなたはどんなお母さんになりたいですか?
お子さんに子にしてあげられることは何ですか?


この二つの質問に5個以上ずつ自分なりの答えを紙に書き出して見てください。それだけでもだいぶ違ってくると思います。

 子育てには絶対の答えは存在しないので、何をどうすれば良いかという具体的なアドバイスを万人の方に向かってお伝えするのは不可能です。ですがもしももっと具体的なアドバイスが欲しいという方はメールにて相談して頂ければもう少し的確なことをお伝えできるかと思います。(と言ってもどれだれ役に立つかは保障できませんけど・・・)

クリックよろしくお願いいたします。にほんブログ村 受験ブログ
出来ればこちらも宜しく。人気ブログランキングへ!


coach2016 at 00:12|PermalinkComments(0)